Nao Fifteen love

どなたに読まれても分かりやすく綺麗なブログのライテイングスキルをさがしています。

ASPからの収益は99%不可能。

  • こんにちは、nao15-0です、
  • 初心者の初心者による初心者のためのブログを旗印に営業経験者のフィルターを通してブログに役に立つスキルを、もらえるシェアーしたいと思いこのブログを運営してます。

ブログで果たして稼げるかの考察の記事です。ネガティブな内容で申し訳ありません。

  • (結論)
  • SEO対策とASPとサイト設計が重要です
  • 収益を目指すならビジネスと割り切れるか、つずけられるかかじゅうようです。
  • 再度、続ける自信のあるジャンのみきわめがすべてです。
  • 書きたいコト書ける事にこだわると失敗します。ビジネスと割り切り続けれるかですが、たぶんモチベーションは維持できないか、相当ブログを書くことが苦痛にすらなるでしょう。
  • 検索者の疑問解決で収益がもらえると割り切るにしてもジャンルの選択をまちがえるとかならずしっぱいします。
  • 市場の見極めが大変大事です。
  • 長続きする最後の決め手は「専門」「信頼」「権威」です。
  • 私はインテリア業界の法人営業で25年間営業を経験してまいりました。
  • 大変不遜な表現で誠にもうしわけありませんが「プロがプロにカーテンをうってまいりました、」
  • 朝、昼、晩、通勤のときすら「いかに売るか」という一点が頭からはなれませんでした。
  • それも、「ひと」「もの」「お金」が担保され、上場企業の肩書も背景にありました。個人で売ってきたわけではありません。
  • 翻ってアフリエイトブログではまったくのアゲインストです。
  • google上位には「人」「物」「お金」がふんだんに使える大企業が軒並みしめています。
  • これらを考えますと少なくとも25年間のカーテンのジャンルの営業経験者には下記の結論がでます。
  • 個人がインテリア、「カーテン」で収益をあげるのは至難
  • (理由)
  • ほぼほぼ法人の寡占状態
  • たまに個人ブログを見つけても個人経営の「インテリア専門店」
  • (事例)
  • 初心者がブログを初めてから1ヶ月半った
  • 勉強しているうちに収益を目指すブログがかなり高い確率でなかなか収益を上げられないのがわかった
  • なかなか収益が上がらない原因について分析するゆとりがなかったので1ヶ月半経ってしまった
  • 「A8ネットルでの「カーテン」について収益があげれるのかどうか探ってみた
  • 結果的に、自信を持って推薦できるA8ネットの提携先が一社しかない
  • 9件ぐらい提携先はあったが私が経験したことのない知らないない会社だった
  • 一般の方に自信を持って勧めるのに知らない、お付き合いのなかった会社を推薦するわけにもいかない
  • ここぞというところは一社あったが一社では心もとない
  • 利益率も10%と薄すぎる
  • 最低でも三社は必要
  • ブログで収益を上げるなら「A8ネット」のようなASPのところから逆算して、「ブログと商品が結びつくのか」というサイト設計をしてブログを運営していく必要がある
  • 肝心の販売ポジション(ASP)に読者をつなげても棚に商品がなければ物は売れないのは当たり前である
  • 心配していた通りASP自体に得手不得手があり、こと「カーテン」に関しては大変心細い収益獲得手段である
  • まして「ロンクテールキーワード」でも上位はほぼ法人が占めている
  • 法人なのでインテリア「カーテン」につきものの施工写真はふんだんにあるし、カーテン見本もふんだんにある
  • またブログを書いたスタッフもプロではないかという文章力を持ったライターのブログが多い
  • テレビコマーシャル並の時間と労力とをかけたいわば社運をかけたブログになっている
  • プロが作ったブログとなっている
  • 物の訴求力がインテリア専門店の個人ブログとは違う
  • ひと、モノ、金の差だとおもう
  • webの時代の攻めかたを、企業のトップも認識している。
  • (結論)
  • プロのブログに100%立ち向かうのは無理
  • カーテンというジャンルではまず個人ブログでは無理
  • 苦労の結果数年後、SEO上位にはいれても肝心のASPに「カーテン」の商品揃えが品薄
  • 第一階層の「ロングテールキーワード」で50記事を作っても収益に結びつけられるブログにはならないだろうと思う
  • 30年間やってきた「カーテン」のジャンルでも資料作りや下調べとかブログに載せるまでの労力はたいへんかかる
  • 経験したジャンルなので、過去やってきた頭のなかの記憶を辿って思い出しながら進めていても時間がかかる
  • 儲かるジャンルがあったとして未経験、薄識でそれを突き詰めていったとしたら相当な下調べ、経験が必要である。通りいっぺんの勉強ではおそらく読者の心を掴めることはないと思う
  • しかもこれをくぐり抜けてブログ上位で検索に引っかかり、商品アフィリエイトに結びつけて行けたとしても「カーテン」のジャンルのように、商品とブログが結びつく保証はない
  • 企業が個人のアフリエイトブログなどに集客を期待しなくても、自社のブログで集客し自社の販売ルートにのせている。ASPなどにたよらなくてもよい
  • おそらく1年2年では無理だと思う。3年5年かけて実績と経験をその商品に関わる業界で積んでその試行錯誤の上でその商品を勧めて初めて読者の心を打つブログになると思う
  • おそらく YouTubeTwitter で「初心者でも簡単に稼げます」といったキャッチフレーズに踊らされてブログに入ってくる人は途中で成果が上がらず挫折するのも納得
  • ただブログを通じて培ったライティング技術や、広い意味でのマーケティング技術といったスキルは間違いなく無形資産となって残る
  • 収益という目標を掲げてこその勉強、学習努力だと思う
  • 培った知識や経験がいつか金に変わるというものが目の前になければこのような労力は続かないと思う
  • したがってアフィリエイトブログというのは、なかなか大変な仕事だと思うけども、やはり時間や労力を金に変えるような仕事から、無形資産をたくわえていきたいということであれば、ブログアフィリエイトは確かに経験してみる価値はあると思う
  • ただ「月10万.15万稼げます」といったようなキャッチコピーに踊らされて
  • 単純に努力すれば自分も稼げるんだと思っていたのは多いに反省する必要があります。
  • 稼いでおらられるかたは、ハットするようなブロでは思いつかない斬新な発想や切り口でカーテンで収益をあげられておられるとおもいます。
  • ブログ自体は一か月半やって悪くないのでこのまま続けていこうと思う
  • この今書いてるブログも5分〜10分でここまでの下書きはできるような状態である
  • 経験とか知識がないとなかなかここまで簡単に作業を進めていけない
  • 儲かるジャンル、儲けたい商品ということでそこから逆算してブログを作成していくのは相当無理がある
  • 相当なレベルの専門書を10冊読むとかその業界で3ヶ月6ヶ月理想を言えば1年どっぷり浸かってみる。
  • その間の試行錯誤から生まれた「心の叫び」というようなものは出てこない
  • それがなければ読者の心を打つことはないと思う
  • この辺はよくよく自分自身の反省として今後もブログを運営していく
  • この覚悟で自分が関わってきたインテリア業界(インテリアファブリック業界)のジャンルでやってみる
  • ブログを収益に結びつけていくということであればまだまだ研究できる余地はある。
  • 「カーテン」のキーワードについても自分なりに収益に結びつく分析をすればそこそこ型にはなっていくかもしれない
  • 失敗をくりかえしてきた「心のさけび」を武器にできるようなきがする
  • これをもとに他のジャンルに挑戦していくというのも悪くないと思う
  • 一か月半年で「私は5万.10万.半年で20万円稼げるようになりました」と言うキャッチコピー的なブログやYouTube に踊らされて、私はなかなか収益があげれないというのは失礼ながらちょっとずれた話ではないかと思う。
  • 大変失礼な物言いで、まことに申し訳ありません。これは私自身に投げかけているわすれてはいけない言葉だから記録にわざとのこします。
  • どんなジャンルでもプロの業界の中に素人が飛び込んでいくので、99 %負ける.勝てない.続かないというのが夢のない話であるが現実ではないかと思う
  • ただ無形資産にはなる
  • 雑記ブログで収益を上げらればこれに越したことはない
  • おそらく雑記ブログでは続かない
  • 毎日コツコツこういう隙間時間を利用してブログを書いているのは、やっぱりわずかな可能性であっても収益が発生するかもしれないという希望というものがあってこそ
  • こういう隙間時間の活用だと思うのでしかももう一か月半続いている
  • ということであれば、半年自然にこういう型で無理なく続けられると思うので自分の得意ジャンルで結論がでるまではやってみようと思う
  • 繰り返しになるが無形の資産は確実につみあがってきている

まとめ

専門分野でも個人で稼いでいくのは無理です。

大手法人の寡占状態だからです。

個人で稼いでいくにはハットするような発想が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上