Nao Fifteen love

どなたに読まれても分かりやすく綺麗なブログのライテイングスキルをさがしています。

SEO対策⑤SEOライティングのコツ7選![Google検索上位獲得策!]


    f:id:nao15-0:20230123204309j:image

    
結論です。

SEOライティングのコツは主に7つです。

窮屈で面倒でしょうが、これを知らないといつまで経っても損をされます。

なぜなら、Google検索上位に上がれす、ブログの海にあなたの素晴しいブログは永遠に沈んだままだからです。

7つのコツのうち、1つだけでも知ると知らないとは大違いかなと思います。

①ユーザファーストの記事

➁丁寧なコンテンツ

➂対策キーワードと検索意図にそったライティング 

④記事タイトルと見出しの構成はわかりやすく

⑤共起語

⑥独自性・オリジナリティ

⑦専門性

できれば③の「対策キーワードと検索意図にそったライティング」を読まれるだけでも「SEOライティングのコツ」をご理解いただけます。

③の趣旨は下記の通りです。

SEOライティングとはGoogleを使って集客するための文章のライティングスキルです。

検索エンジンとユーザーの両方に満足させる文章の書き方を意味します。

なぜなら、無限ともいえる情報のなかから、Googleアルゴリズムにブログラミングされたクローラーに「発見」・情報「収集」 される必要があるからです。

さらに、収集された情報は分析されインデクサーにより、データーベースに順位ずけされ「登録」されるからです。

その発見・登録:される手掛かりが「検索キーワード」です。

Google検索上位表示を目指す為には、「検索キーワード」をもとにGoogleアルゴリズムの仕組みに沿ったSEOライティングをする必要があります。

過去に検索されたことがある「 検索キーワード」の「検索意図」を分析し、Googleアルゴリズムのキーとなる「検索キーワード」の「検索意図」にそった記事を書き、Google検索エンジンをも満足させることが、SEOライティングの趣旨であります。

ただ、やみくもに「検索キーワード」有りきではありません。

一番大事なことは読者さんの悩みに寄り添い、解決することで読者さんにどうなってほしいのかということです。

その過程で検索キーワードにそった記事だとGoogleにもわかってもらうための計算や打算もないと検索上位にはあがれませんという冷めたところも残念ながら必要ということです。

雑記ブログと収益・集客ブログの分かれ道になります。

しかし、最終的に大事なのは、ブログに込める熱量だと思います。

 

SEO対策が必須な訳

検索結果で上位表示されることは必須です。

なぜなら、多くの人の目に触れた商品やサービスのコンテンツの認知度が上がることにより、集客や売上に繋がっていくからです。

集客や売上アップを目指すなら、SEOライティングにより、Google検索上位表示を目指すことは非常に大切な施策です。

目次

1.SEOライティングとは

2.なぜ?個人でもSEO対策できるのか?

3.SEOライティングの取っつきにくさは何故?

 Googleの仕組みを理解しよう

 Googleがサイト内を読み込みやすい構造にしよう

4.Googleからの評価を受けやすいSEOライティングのコツ7選

①ユーザファーストの記事

➁丁寧なコンテンツ

➂対策キーワードと検索意図にそったライティング 

④記事タイトルと見出し構成はわかりやすく

⑤共起語

⑥独自性・オリジナリティ

⑦専門性

 

まとめ

1.SEOライティングとは

Google検索エンジンとユーザー双方に満足されれ記事を書くことです。

ユーザーの検索意図に適切に答えた記事のライティングスキルのことです。

SEOライティングスキルとは

ユーザーとGoogle検索エンジン双方が満足できるライティングスキルをいいます。

具体的には、ユーザーの検索意図を満たす為に「適切な答え」を過不足なく書く事です。

検索エンジンも検索意図を満たす「適切な答え」であると認めるように書くことです。

2.なぜ、個人がローリスク・ローコストでSEO対策できるのか?

Googleと「WIN・WINの関係」がローリスク・ローコストで築ける環境がととのってきているからです。

クローラーとは、インターネット全体のすべてのWebページの内容を把握し、ユーザーの求める情報の「検索順位を決める要素を収集するロボット(コンピュータープログラム)」のことです。

そのロボットがページの内容を検索エンジンのデータベースに分類・記録していくことを「インデックス」と呼びます。

Googleの要求はこれだけです、「ロボットがインデクスできる高品質の記事をかいてね!」

個人はSEOライティングで高品質の記事を提供するだけです。またできるようになってきてます。

理由は下記の通りです。

SEO対策のスキルがいとも簡単にネットで取得できます。

解りやすく実践しやすい、無料のサイトも多く有料のコンサルタントを使う必要はないです。

有料のコンサルタント会社を使うにしても、依頼側の意思を伝えるには、丸投げではなく、ある程度のSEOの基礎知識は必要です。

ユーザーに有益な高品質のコンテンツに価値を認める方向でGoogleはアップデートしています。

ブラックハットのようなGoogleロボットのみに目を向けた小手先の手法は難しくなってきています

SNSなどで、コンテンツを個人でも発信しやすい環境が整い、スマホなどの個人重視のデバイスも高機能になっています。

カテゴリーによっては益々Yutuveや画像を組込んだコンテンツが主流になるでしょう。

SEO対策は「人」「物」「金」に恵まれた法人企業やプロ集団の検索上位の為の対策でありました。

専門性や経験・体験を切り口としたSEO対策が、個人でも無料で可能になりました。SEOライティングスキルを磨くことにより、Googleの検索サイトを集客や売上アップに利用できる「WIN・WIN」の道が開けているからです。

可能性・成功への道を開くための必須のライティングスキルです。

3.なぜ?SEOライティングは取っつきにくいのか?

書けることを書き、書くべき事を書き、書きたいことを書いてもご自分はご満足でしょうがGoogleは振り向いてはくれないでしょう。

Googleと「WIN・WIN」の関係になっていないからです。

Googleが必要としているコンテンツを、Google検索エンジンが分かるように書いていないからです。

具体的にはGoogleインデクサに「発見」「収集」され、収集されたデーターをGoogleインデクスに分析されデーターベースに「インデクス」される必要があるからです。

この一連のGoogleアルゴリズムにかなう、ライティングスキルがもとめられているからです。 

このGoogleの型にはまったライティングを要求されるため、楽しくないし、とっつきにくいのです。

でも、お互いの最終目標はユーザーに満足してもらうためのコンテンツの提供です。「WIN・WIN」の関係ですのでご安心ください。

記事を書く際の「SEOキーワード」の重要性を理解しましょう

SEOライティングは「ラッコキーワード」などで抽出した「SEO対策キーワード」をもとに、検索者の検索意図やニーズに答える記事を書く姿勢と文章術が必要になります。

手順としては、まず、検索者の抱えている悩みや問題に対して、需要のあるSEO対策用のキーワードを選定します。

そして、検索ボリュームを見て検索クエリ(ユーザーが検索するワード)から、実際に検索で使用されるであろうキーワードを選定します。

SEO対策上のキーワードは検索者の抱えている問題の解明や知りたい内容を理解する上で重要な手がかりとなる単語を言います。

なぜなら SEO 対策上では検索者の検索に対する回答の手がかりとなるキーワードが含まれた記事タイトルや見出しになるからです

Google 検索でのキーワードは記事タイトルのキーワードや見出し語として検索者の悩みの解決策や深堀りしたい知識などの重要な手がかりとなります。

キーワード選定について詳しくお知りになられたい方は、下記の青色のURLをクリックしてください。

記事タイトルは

SEO対策③検索「キーワード」の考え方と初心者向けの選定の仕方」です。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889952747756

Googleの仕組みを理解しましょう

ブログコンテンツが、検索エンジンの持つ高度なアルゴリズムにより、細かく分析され検索結果に反映される為には、クローラー・インデクサの仕組みを理解・反映させたSEO対策をし、検索上位に上がることが必要であります。

Googleには、WEB上を巡回して、WEBページやサイトのコンテンツを評価する「クローラー」と「インデクサ」とよばれるロボットが存在します。

クローラーは、定期的にWEB上を巡回し、情報を集めます。

インデクサは集まった情報をもとにGoogleのデーターセンターに順位付けしたweb記事のインデクックスを行います。

クローラーに巡回されるだけでは、上位表示されません。

集めた情報をインデクサにしっかりとインデクッスされることで、適切に順位がつけれていきます。

クローラーとインデクサの仕組みについて詳しくお知りになられたいかたは下記の青字のURLをクリックして下さい。

記事タイトルは

SEO対策⑥[損してませんか?]クローラー&インデクスとアルゴリズムを5分で把握」

 

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889954206457

 

Googleがサイト内を読み込みやすい構造にしましょう。

WEB上に投稿すれば、自動的にGoogle検索に上位表示されるわけではありません。

適切に評価を受ける必要があります。

Google が提供する計測ツールには Google AnalyticsGoogle サーチコンソールの無料のツールがあります

Google Search Console はウェブサイトに訪問する前の検索エンジンの状況を分析するツールです。

ユーザーをウェブサイトに呼び込むための SEO 解析ツールです。

訪問者をウェブサイトに誘導するための対策を建てるためのツールです

Google アナリティクスは訪問者がウェブサイトを行動した内容を分析するツールです。

ウェブサイトの訪問者の反応を分析するツールで 、Web サイトの目標を達成するための課題を洗い出し改善していくために役立つ無料ツールです。

SEO対策及びサイトの改善には不可欠の検索上位を目指すための、改善点を計測できます。 

サイトマップGoogle検索ロボットに届ける必要があります。

サイトマップはサイトの構成を一覧で表示するものです。

クローラーの巡回、ユーザーのサイトの使いやすさの双方にとって重要な役割を持っています。

サイトマップにはサイト内全ての内部リンクが設定されるためSEO対策としてのクローラーの巡回の向上にも役立ちます。 

クローラーとは、インターネット全体のすべてのWebページの内容を把握し、ユーザーの求める情報の「検索順位を決める要素を収集するロボット(コンピュータープログラム)」のことです。

そのロボットがページの内容を検索エンジンのデータベースに分類・記録していくことを「インデックス」と呼びます。

内部リンクが整備・最適化されているWEBページではクローラーが巡回しやすく早くインデクスを促進することができます。

つまり、WEBサイト内を読みやすい構造にすることが重要です

Googleサイトマップに記載されているとおりにサイト内をクロールします。

 

4.Googleに評価されるSEOライティングの書き方のコツ7選

①ユーザファーストの記事

検索キーワードからユーザーが本当に知りたいことを考えましょう。

コンテンツを読むユーザーを一番に考えて記事を書くということです。

ユーザーが必要としてる情報を提供することが検索エンジのGoogleの使命です。

SEO ライティングとは検索ユーザーに「答え」を提供することです。

検索クエリを記事タイトルや文章に組み込みユーザーの検索意図を満たしているコンテンツであることを伝えましょう。

事実を確認するリサーチ力が必要で、信頼できる機関が公表しているデータを使用し信頼のできるソースであることを伝えましょう。

中学生でも理解できる文章を基本とし読みやすく理解しやすい文章を心がけましょう

文章よりも伝えやすい場合は図表や画像などを使い視覚に訴えましょう。

大中小の見出しを上手に使い、構成力のある読みやすいコンテンツにしましょう

記事の方向性を考えるときユーザーが求める内容になっているかユーザーが読み進めやすい構成になっているかを第一に考えユーザーファーストの記事を書きましょう。

➁丁寧なコンテンツ

SEOライティングで記事作成を行ないGoogle検索上位表示を狙うには専門性とオリジナティを高めてユーザー視点で丁寧にコンテンツを制作する必要があります。

また、丁寧なコンテンツには誰がよんでも分かりやすい文章の組立方が必要です。

代表的な文章の組立方にはロジカルライティングがあります。

ユーザーは自分の悩みの解決策を真っ先にしりたがります。この欲求に答えるため真っ先に「結論」から伝えます。次に結論の「理由」をあげ、さらに結論にいたった数字などの客観的な「事例」をあげ、最後に最初の結論にそった念押しの為の「結論」で締めくくります。この文章の型を「PREP法」といいます。

このPREP法で誰が読んでも分かりやすい文章になります。

詳しく文章の型を調べたい方は下記の青色のURLをクリックして下さい。

記事タイトルは「ロジカルライティングの型で読みやすい文章を書きましょう」です。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889936044105

 

➂対策キーワードと検索意図にそったライティング 

設定したキーワードとユーザーのニーズ・検索意図が一致しなければSEOに効果は望めません。

検索意図とは原作者が検索キーワード(クエリ)を入力した目的のことを指します。

具体的には「このキーワードでどんな解決策を知りたいのか」 「この解決策を知ってどうしたいのか」「この解決策でどのようなベネフィットを感じるのか」などを想定・想像することです。

 

対策キーワードと検索意図にそったライティングについて詳しく調べたい方は下記青色のURLをクリックして下さい。

記事タイトルは

SEO対策⑦[ 意外に簡単]検索キーワードの検索意図の3つの探り方のコツ!」

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889934892912

 

④記事タイトルと見出し構成はわかりやす

検索上位の強者揃いのタイトルの一覧表から、あなたの悩みを解決できる記事はこれですと、読者さんの目をひく必要があります。

記事タイトルを見ただけで検索者が自分の悩みを解決できると期待しクリックしてもらう必要があります。

なぜならタイトルの善し悪しでブログへのアクセスは大きく影響してしまうからです。良い記事タイトルとは一瞬で心惹かれ悩みが解決できる内容、がわずか32文字の中で伝わってくる熱量を思ったものです。

記事タイトルについて詳しくお知りになりたい方は下記の青色のURLをクリックして下さい。
記事タイトルは
SEO対策➁記事タイトルの書き方。外せない4つのコツ」です

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889952529723

⑤共起語

共起語とは検索されるときのキーエワードと一緒に使われることの多い言葉です

共起語は検索エンジンにたいしてコンテンツに何がかかれているかを教える役目にもなります

SEOライテイングを行う際、共起語を用いることにより、コンテンツの情報を必要としている幅広いユーザーのもとにとどきやすくなります。

なぜなら、検索エンジンは検索キーワードとともにいつも一緒につかわれている単語を手がかりにコンテンツの内容を探ろうとするからです

つまり検索キーワードと共起語を組み合わせて記事に使用するということは、検索エンジンにコンテンツの内容の手がかりを伝えることになります。

検索意図を理解し、問題解決に繋がるコンテンツを作成する為に、検索者に焦点をあてながら、適切なキーワードと共に共起語を設定しコンテンツの内容を把握させる手立てが必要です。

共起語の選定方法は、記事の主張と関連性や重要度が高いものであることを念頭に選びましょう

記事内で使用する方法は2通りあります。

1.ライティング後に共起語を盛り込む

2.構成の段階から意識して盛り込む

[共起語取得ツールの使い方]

「ラッコキーワード」は、検索上位20サイトの文章データーを分析し共起語を抽出する機能があります。

⑥独自性・オリジナリティ

クローラーは、コンテンツの評価で主に3点の独自性を見ます。

1.競合と差別化できているか

2.他社のコンテンツをそのままこぴーしていないか

3.自社サイト内でコンテンツが使いまわしされていないか

独自性は、サイトのオリジナルとなるため、評価対象の1つです。

体験や経験から書けることが理想で競合との差別化の1つです。

以下の3点に気を付けましょう

1.文章や画像は2次使用ではなく、オリジナル

2.視覚性を重視した文章構成の見せ方

3.根拠があるオリジナルのノウハウ

⑦専門性

特定のジャンルをしぼり、尚且つ、より具体的に絞り込んだ特化ブログをつくります。

広く浅くではSEO対策になりません。

経験、体験した分野に絞ったほうが、俄然有利です。

読者さんの悩みを解決して、どうなって欲しいのか?そのための解決策を具体例や証拠を揚げて述べるわけです。

この検索キーワードに関することは誰にも負けないぐらい掘りさげれば自ずと専門性がついてくるでしょう。

SEOで重要視されるEEATは

Experience

Exportise

Autoritativeness

Trustworthiness

経験・専門性・権威性・信頼性の頭文字です。

経験

実体験や人生経験を持っていること

専門性

知識や経験、スキルを持っていること

特定のジャンルやテーマをあつかっているかを示す指標になります。

専門性は決めたテーマに特化したコンテンツを意識することで、ユーザーのニーズを満たす為重要視されています。

権威性

どのくらい認められているか

信頼性

信用にたるもの

 

まとめ

SEOライティングとはGoogleを使って集客するための文章のライティングスキルです。

検索エンジンとユーザーの両方に満足させる文章の書き方が必要です。

なぜならブログコンテンツのwebベージは無限ともいえる情報のなかから、グーグルアルゴリズムにブログラミングされたクローラーに発見・情報収集される必要があります。

収集された情報は分析されインデクサーにより、データーベースに順位ずけされ登録されるからです。

Google検索上位表示を目指す為にはGoogleアルゴリズムの仕組みに沿ったSEOライティングが必要となります。

過去に検索されたことがある「 検索キーワード」の「検索意図」を分析し、Googleアルゴリズムのキーとなる「検索キーワード」の「検索意図」にそったコンテンツを書き、Google検索エンジンをも満足させる記事を書くことが、検索上位を目ざすSEOライティングのやり方であります。

これにより、検索上位されたコンテンツを

通して集客や売上アップに繋がります。コストを掛けずGoogleを使った個人のマーケティングには不可欠のライティングスキルです。

最後に自己紹介させてくださ。

nao15-0といいます。

法人営業を25年経験しました。営業から学んだことは、情報を物に替え物を金に替えれるということです。情報の宝庫の「ブログ」に興味を持ち、誰が読んでも解りやすく綺麗な「ブログ」のライティングスキルをさがしています。スキルの実践と練習を通じて気づいた事や改善点を同じ「ブログ」の向上を目指されている方とシェアしたくこのブログを運営しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!SEO対策⑧【稼ぐ手段は特化・専門ブログで!】専門力が決め手!


      f:id:nao15-0:20230125182005j:image

特化ブログとは、特定のジャンル・テーマを絞ったブログです。

ジャンルを絞るため、対象のユーザーも明確になり、収益までの動線を引きやすくなります。

但し、ジャンルを選択し、収益化まで繋げるには、その道の専門家になる努力が必要です。

なぜかといいますと、どのジャンルでも必ずその道のプロやマニアがいるからです。

先輩に割り込むためには、今なさっていることに誇りと自信をもってあなたの強み・専門力を見つけ、さらに磨きをかけた方が現実的で効果的なやり方だと思います。

「リフレーミング」の心理学効果で視点を変えれば、あなたの強み・専門力のヒントを見つける可能性がたかくなります。

「リフレーミング効果」とは、行動心理学の心理効果です。

内容は、私達は主観や思い込みで物事を判断しています。その方が楽だからです。

でも、行き詰まった時に視点を変えると、同じ物事でも受け止め方や感じ方が前向きに変わってきます。

例えばコップ半分の水を見て、もう半分しかないと絶望感に浸るのか、まだ半分もあるじゃないかとその先に希望を見つけ次の一手を考えるのかによって次の行動も結果までもが変わってくるでしょう。

この心理効果を「リフレーミング効果」といいます。

視点を変えて見てみれば、あなたが、今、関わっていることが、あなたのジャンルがあなたの土俵になり、あなたの強みになるヒントを見つけられるでしょう。

違う土俵では相撲を取られない方が現実的だと思います。

例えば、この道30年の税理士さんが「税金のことに特化したブログ」と、経営学部の学生さんが「税金のことを書いたブログ」とどちらが信用されるでしょうか?

しかし、子育て中のおかあさんの、「赤ちゃんの泣き声の見分けかた」についてのブログと男性税理士さんの書いた「赤ちゃんの泣き声の見分け方」とのブログならどちらに軍配があがるでしょう?

視点を変えれば、赤ちゃんの夜泣きに奮闘されるお母さんの包容力が、勝てるジャンル選びのヒントになるかもしれません。

勝てるスキマのジャンルがあるかもしれません。

少なくても、特化・専門ブログで収益まで繋げるためには、主観や思い込みであきらめるのではなく、視点を変えて、勝てるスキマのジャンルのヒントを見つけて、なおかつその道の専門家になる努力が必要となります。

それでは、ご自分の今生きている喜怒哀楽の世界からご自身の強み・専門力を見つけ、深堀りされた方が確実ではないでしょうか。

ブログを書く前に、ジャンルとテーマ選びに十分な時間と労力をかけることが、後々効いてくるわけです。

そして、選んだジャンルの情報のインプットと、セミナーで語れる程の知識の取得や経験、客観的なデーターのリサーチ力と伝える力を蓄えるなどの地道な努力が必要となるでしょう。

でも、芯は今生きているご自分の世界だとおもいます。

ですから、最初の「記事タイトル」通り、どなたにも稼ぐチャンスはあります。

漠然と書く前にあなたの活かせる強み・専門力に気がつかれ、どの特化ブログに絞るかどうかで、収益化の可能性がほぼ100%決まってくると申し上げても過言ではないかと思います。

三者からの冷静な目から見て、その道の専門家としてユーザーの悩みを解決できるブログに育てられるかどうかだとおもいます。

 

目次

特化・専門ブログとは

埋もれているあなたの資産を見直しましょう。

特化・専門ブログのメリット・デメリット

テーマとジャンルのおさえておきたい選びかた

テーマとジャンルの具体的な選びかた

トライ&エラーが許される

特化・専門ブログの書き方

まとめ

 

 

特化・専門ブログとは

ジャンルをあまり意識しない自由な雑記ブログとは対象的に、特定のジャンル・テーマに絞った専門性の高いブログのことです。

ブログでの収益化を将来考えられている場合は特化・専門ブログが有利といわれています。

埋もれているあなたの資産を見直しましょう。

埋もれている、あなたの気ずかない資産を違う視点で見直してみませんか?

行動心理学の「リフレーミング」の心理効果を使われてはいかがでしょうか。

内容は、私達は主観や思い込みで物事を判断しています。その方が楽だからです。

でも、物事の判断に行き詰まった時に視点を変えると、同じ物事でも受け止め方や感じ方が前向きに変わってきて、次の一手がうちやすくなります。

興味がおありの方は下記の青色のURLをクリックしてみてください。

記事タイトルは「【ピンチをチャンスに!】視点を変えるリフレーミング効果をマーケテイングに活用」

 

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889948527043

 

特化・専門ブログのメリット・デメリット

特化・専門ブログのメリット

ユーザー側のメリットは、特定のジャンルのブログで、専門的で高度な情報を得ることができます。

発信側のメリットはスキマを狙うため、競合が少ないです。

専門性・権威性・信頼性を出しやすくSEO対策にも有利です。

ブログを訪れる方の属性がはっきりしており、悩みへの解決策も具体的に出しやすいです。

ユーザーの検索目的が明確な為、商品やサービスへの動線が引きやすく、収益に結び付けやすいです。

特化・専門ブログのデメリット3点

1.専門性を要求される。

まず、上位サイトには専門家の書いたブログが位置しており、答えとなる背景の客観的なデーターを要求されます。

結論にいたるまでの知識や論理的思考力が必要となります。

分野によっては相当な客観的なデーターのリサーチ力・分析力・提案力が必要でしょう。

2・ジャンル選定・絞りこみが難しい

ジャンルによって専門力の切り口が大きく変わります。

ジャンルを広げすぎると他の特化ブログに読者が流れます。

ジャンルを絞り込みすぎ、ニッチにしすぎるとユーザーが少ないジャンルになり、読者が入ってこなくなります。

3.収益化に結び付くジャンルかの見極めが難しい

特化ブログの為、検索件数は少ないです。

ジャンルによっては広告案件が少ないジャンルもあるでしょう。

例えば、地質学や哲学などの特化ブログで検索上位をとれても、収益化できるかむつかしいです。

書く前に収益までの動線を十分検討する必要があります。

例えばセミナーで、ある「ジャンル」について、大勢の人をうならせるだけの専門知識や経歴・経験・体験があり、なおかつ自然に利用してもらえる商品やサービスに結びついているかどうかということです。

テーマとジャンルのおさえておきたい選び方

1.活路はありますのでポジテイブに捉えましょう

2,選ぶ切り口は得意分野で好きなことです。

3.さらに属性を、見極めれば効果的です。

例えば特化・専門ブログとはいえ検索者の悩みの解決が目的ですので、属性にあった分野・レベルに寄り添ってあげればいいわけです。

PERSONA設定がここでも必要になってきます。

PERSONAとはあなたの身近な実際の人とご理解ください。話のキャッチボールができる人です。自分自身が1番便利です。

そういう属性を見つければいいわけです。

例えば割り算の宿題ができずに悩んでいる小学3年生に方程式を教えても早すぎませんか?

PERSONAに合わせた切り口が要求されます。

属性に合わせてご自分の専門性を切り分けて伝えることになります。

テーマとジャンルの具体的な選び方

1.携わっている仕事や業界のこと

2.趣味や好きなこと

3.過去・現在・未来の自分の悩み事・解決方法

4.勉強・経験している過程で気ずいたことや、改善点、コツ

5.伸びている分野、注目されているジャンル

例えばZ世代のマーケテイングやSDGs。

Z世代とは10代から27歳の世代でスマホ環境が当たり前の世代の人たちです。

マーケテイングの主役に踊りでる直前のひとたちです。

またSDGsとは

SustainableDeveLopmentGoalsの略で2015国連で採択された「2030年までに人類が克服すべき課題達成の道標」です。国、企業、個人レベルまで落とし込んだ課題です。

未達の場合は世界は今より益々すみずらくなります。

Z世代はSDGsの世界的な課題に非常に関心の高い世代といわれています。

視点を変えれば、あなたが取り組めるまた取り組むジャンルは数えきれないほどあり、特化ブログの読者さんも数えきれないくらいいらっしゃるということです。

 

トライ&エラーーが許される

これもポジテイブにとらえれば30記事程度に1つのテーマに絞りこみ

小回り・柔軟なコンテンツにしたほうが楽なような気がします。

例え失敗しても失うものは何もないからです。

寧ろそれまでの努力は無形の資産として役立つでしょう。

1つのテーマにこだわりつずけて「石の上にも3年」と200記事書くのもいいでしょうが、30記事書いて読者さんの反応や収益をみながらトライ&エラーをしてみるほうが楽なような気がします。

寧ろ、ジャンル・テーマの絞り込みと、PERSONAの設定及び「集客記事」と「まとめ記事」と「収益記事」のブログコンテンツの構成図でありますサイト設計と、内部リンクを事前にしっかりとしていくことが非常に大切です。

30記事のブログよりも事前の構成図がとても大切な資産だとおもいます。

ここはブレるべきではないとおもいます。

ヒットしなければ、ジャンル・テーマをきっちりと練りこんだ自信があるなら、切り口をかえて新たに30記事書いて見るぐらいの気持ちが特化ブログには向いています。

当然構想は1つには絞れませんので、大事にとっておいて小回りが利くように30記事程度書いて「あたりをとる」ほうが楽だとおもいます。

だめなら、あっさり「さよなら」です。

寧ろ出稿した後での読者さんの反応をみて「あたりが良ければ」リライトを繰り返し、ブログを育てるか、「あたりが悪ければ」場合によってはジャンルやテーマの切り口を変えるか、PERSONAの設定も変えるなどの柔軟性・小回りを持たせ、新たに30記事程度書いたほうが楽です。

10回に1回ヒットすればいいくらいの気持ちのほうがながつずきします。

繰り返しますが、最初に決めたジャンル・テーマは土台ですのでブレないようにしましょう。

わけがわからなくなるからです。

 

特化・専門ブログの書き方

決めたジャンルと商品の勉強

①決めたジャンルの上位サイトを参考にしましょう。

記事内容、扱う商品、「記事タイトル」から「まとめ」までの動線などGoogleの評価

基準・視点が解ります。

➁決めたジャンルの本や雑誌を読みましょう
➂可能な範囲で、決めたジャンルの体験などで一次情報をあつめましょう。
④サイト設計をしましょう。

「集客記事」・「まとめ記事」・「収益記事」の記事どうしのつなぎ方や内部リンクも考えたブログコンテンツ全体の設計図をつくり「見える化」しておいてください。

⑤記事タイトルや見出しを考えましょう。

 

特化・専門ブログの書き方

①「記事タイトル」から「まとめ」まで結論をブレずに書きましょう。

「検索キーワード」を中心とした「記事タイトル」「アイキャッチ画像」「冒頭文」「見出し」「本文」「まとめ」が一気通貫で分かりやすく読みやすい記事を心がけまししょう。

「記事タイトル」でほぼ全てが決まりますので全精力を注いでください。詳細をお知りになりたいかたは、青色の下記のURLをクリックしてみてください。

記事タイトルは「SEO対策②記事タイトルの書き方。はずせない4つのコツ」です。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889952529723

SEO対策を意識しGoogle検索上位に位置する事は収益化には必須条件です。

SEO対策は読まれるか、ブログの海に沈むかの別れ道です。詳細をお知りになりたいかたは、青色の下記のURLをクリックしてみてください。

記事タイトルは「SEO対策①SEO対策って何?」です。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889944041820

③記事の書き方はロジカルライテイングとエモーショナルライテイングがあります。

論理的に読者さんの共感を呼ぶ書き方なら「PREP法」です。

詳細をお知りになりたいかたは、下記の青色URLをクリックしてみてください。

記事タイトルは「PREP法ライテイングで文章力を常に鍛える」です。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889929794494

感情に訴え読者さんに寄り添いながら注文までもっていく書き方なら「PASONA法」です。

詳細をお知りになりたいかたは、下記の青色URLをクリックしてみてください。

記事タイトルは「PASONAの法則で親近感を作り購買行動につなげましょう」です。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889934888983

 

 

まとめ

特化ブログとは、特定のジャンル・テーマを絞ったブログです。

ジャンルを選択し、収益化まで繋げるには、その道の専門家になる覚悟が必要です。

なぜかといいますと、どのジャンルでも必ずその道のプロやマニアがいるからです。

「リフレーミング」の心理効果を応用して視点を変えれば、ご自分の専門力のヒントをみつけられます。

今なさっていることに誇りと自信をもって磨きをかけましょう。

今、関わっていることが、あなたのジャンルです。

あなたの土俵になり、あなたの強みになり、あなたの稼げるチャンスになります。

 

最後に自己紹介させて下さい

nao15-0ともうします。

法人の営業を25年経験しました。

営業経験から得たものは情報を物に変え物をお金に変えれるサイクルでした。

営業経験者のフィルターを通し、誰が読んでもわかりやすい「ブログ」綺麗な「ブログ」のスキルを探しています。

私のブログの特徴は、スキルの実践と練習です。

思考錯誤重視です。

完成された解説書とは違いますし、私には無理です。

実践から得た「気ずいた事」や「改善点」を同じ「ブログ」の向上を目指すあなたにシェアーしたくこのブログを楽しく運営させていただいています。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO対策⑦[意外に簡単!] 検索キーワードの検索意図の3つの探り方のコツ!

結論です。「検索キーワード「の「検索意図」を探るには、従来の文字情報よりカテゴリ別の画像情報で探っていかれた方が時短になりますし、正確で効率的です。

何より検索意図の分析作業のストレスから開放され、むしろ楽しくなるでしょう。

といいますのも、Googleアルゴリズムで徹底的に分析された検索意図に基づいて、検索者が一番知りたい情報を、画像や動画などで、誰が見てもわかり易いようにGoogleがカテゴリー別に回答しているからです。 

例えば、地図のカテゴリの画像が多ければ検索意図はGOクエリと視覚で判断できるようになっています。

具体的には、「Googleバーティカル検索」と「Googleユニバーサル検索」による検索意図の探り方をいいます。

検索意図とは、検索者が「検索キーワード」(クエリ)を入力した目的のことをさします。

具体的には「このキーワードでどんな解決策を知りたいのか?」「この解決策を知ってどうしたいのか?」「この解決策でどのようなベネフィットを感じるのか?」などを想定・想像することです。

私の実体験から、人が調べものをするとき、その背景にある目的が一言で分かるような、明確で具体的な言葉でたずねてくることは少ないです。

例えば、私の勤務先のホームセンターで「スポンジ」どこにありますかと?お客様から聞かれます。で、私は必ずご案内前に、質問させてもらいます。「お台所ですか?」「洗車用ですか?」「緩衝材用ですか?」「左官用ですか?」

「スポンジ」という「検索キーワード」のお客様の求めている意図や背景を、必死でさぐります。私は、時短にしたいからです。

対面販売なら言葉のキャッチボールは可能です。

しかし、クエリはデーターベースへの命令文で、一方通行です。

クエリはデーターの検索や更新、削除、抽出などの要求をデーターベースに指示するだけです。

Googleが色々な「検索キーワード」にこたえてくれるのは、あくまでもGoogleアルゴリズムの想定問答集の範囲内だからです。

アルゴリズムとは、「解」に向かっての効率重視の計算式の意味ですが、Googleでは

「検索キーワード」の検索意図の分析とデーターベースに用意しておいた答えのマッチング作業を上位表示から回答を出力する為の計算式と狭義にご理解ください。

「さすがGoogle」、「グーグルにして良かった」。

ユーザー体験を上げるためにGoogleは様々な、検索意図を想定し正確に速く回答できる準備をしています。

その回答の手段を文字主流のコンテンツに加えて、カテゴリごとに整理した画像や動画も加え、視覚化により拡張しています。むしろカテゴリーによっては主流になりつつあります。

Google戦略の「ユニバーサル・バーティカル検索」はいつのまにか浸透してきました。

「キーワード検索」が知識やスキルの習得のためには、多少の窮屈さは我慢してきた時代から、むしろエンジョイやエンターテインメントの方向にスマホの画面が変わりつつあります。

スマホの画面が、辞書からファッション雑誌のようにカラフルに変わってきています

Googleアルゴリズムを使って「検索キーワード」から「検索意図」 を高度に分析して、ユーザーが見て楽しみめる画像や動画のコンテンツを用意しているわけです。

この戦略に乗っかり、「キーワード検索」の重心を文字から画像に移したほうが時短とストレスフリーにつながります。

この、Googleアルゴリズムで徹底的に分析された検索意図に対する回答を画像や動画などの視覚情報で回答しているわけです。視覚情報で取得する「Googleバーティカル検索」と「Googleユニバーサル検索」でのカテゴリー別の検索意図の探り方を身につけましょう。

同じ1時間をついやすにしても、従来の文字情報から「検索キーワード」の意図をひねり出す「行者の滝の修行型」から、画像や動画を楽しみながら検索意図がカテゴリー別に自然に頭にはいってくる「エンジョイ型」に変えられてはいかがでしょうか。

カテゴリー分けで検索意図が、4つのクエリのいずれに該当するのかは簡単に見分けることができます。

詳細は検索意図の調べ方の3つのコツで説明させてください。

目次

クエリとは?

検索意図は4種類

検索意図の重要性

検索意図の調べ方の3つのコツ

 バーティカル検索

 ユニバーサル検索

 検索行動の瞬間・マイクロモーメント

SDGsのキーワードとZ世代の流れ

従来の古典的な主流の検索方法

まとめ

 

 

クエリとは?

クエリ(query)とは、「問い合わせ(る)」、の意味です

クエリを通じて、データの検索や更新、削除、抽出などの処理をデータベース管理システム(DBMS)に求める命令文のことです。

この命令文は標準では「SQL」 という言語で書かれます。

クエリ(検索の意図)は大きく4つに分けて考えられます。

それぞれの意図ごとに検索ワード(クエリ)が分類出来ます、

Goクエリ

自分の目的とする場所やwebサイトに行きたいという意図を持って調べる「検索キーワード」(クエリ)です。

Doクエリ

ユーザーが実際になにか行動する時の、やり方やコツを調べたいときに「キーワード検索」されます。

なにをどうすればいいのか、どのような方法、必要なものがあるのかなどの情報をさがしています。

Buyクエリ

特定の商品やサーピスの購入や申し込みを行いたい時に「キーワード検索」します

Knowクエリ

何か情報を知りたいという意図を持っている「キーワード検索」です。

目的は知ることです

 

検索意図の重要性

Google検索エンジンを使うユーザーに対して、「優れた検索体験」を提供するために、ユーザーの検索クエリにより合致したコンテンツを上位表示しようとしています。

SEO対策で特定の「検索キーワード」を上位表示させたいとコンテンツ制作側が考えた場合は、その「検索キーワード」の背景のクエリを把握し、そのクエリに対する答えをコンテンツを通じて用意することが重要になってきます。

検索意図の調べ方

Googleは「検索キーワード」から高度なアルゴリズムで検索意図を解析し、検索クエリに対して視覚で捉えやすい画像や動画などを整理した上で、カテゴリー別で答えてくれています。

なぜかといいますと、Googleが「検索キーワード」を高度なアルゴリズムで検索意図を解析し、検索者ごとに最新で身近な答えを視覚情報で出してくれているからです。

例えば地図が真っ先にででくれば検索キーワードの検索クエリのGoクエリに地図のカテゴリーは入っているわけです。

このカテゴリー別の画像情報は「キーワード検索」のクエリを探るには、簡単、便利、効果的な手がかりになります。

そして、Google検索エンジンを使えば、ストレスフリーで楽しくキーワード検索できるようにユーザーを引き付けるGoogleの戦略にもチャッカリ乗っかっているわけです。

Googleの「ユニバーサル・バーティカル検索」の画像情報のカテゴリーからキーワードの検索意図を読み取ることができ時短につながります。

結論は、皆様が普段、自然に目にふれ、使われているスマホの画面のことをご説明しているだけです。

文字では難しくしていますが

例えば「大阪 たこ焼き」と検索してみてください。

文字情報よりも視覚(画像)情報での回答の比率が圧倒的に多いです。

何より見ていて楽しいです。

「検索の答え」を文字で読むのではなく見て楽しめるのです..

しかも地図の写真ですので「大阪 たこ焼き」という大阪にいる人の「検索キーワード」は「Goクエリ」をGoogleが分析していることが視覚で即座にわかります。

北海道や沖縄からの「大阪 たこ焼き」の「検索キーワード」に対しては別の画面がでているはずです。

このようにGoogleの「ユニバーサル・バーティカル検索」の画像情報のカテゴリーからキーワードの検索意図を読み取ることができ時短につながります。

たこ焼き屋さんの写真、地図が圧倒的に多くの面積でスマホの画面をしめています。

検索者の主たる検索目的が「安くて、美味しくて、ふっくらして、ほかほかのたこやき屋さんへ歩いていける場所」をさがしているのだなとまで一目でわかります。

しかも最新で身近でHOTな画像情報です。

試しに、身近なキーワードで検索されて、スマホの画面で視覚的、感覚的、カテゴリ別の画像や動画を体感されて、下記の説明文を読まれたほうお分かり頂きやすいと思います。

3つのコツを整理の為あえて書いておきます。

コツ①バーティカル検索とは

検索結果画面の真下に特定の「カテゴリを表記しています。

例えば地図をクリックしたらGoクエリとなり検索地点からの目的の場所が表示されます。

<カテゴリは>

画像

ニュース

動画

ショッピング

地図

書籍

などです。

カテゴリの並びかたに注目すると検索キーワードに対する検索意図の捉え方が予測しやすくなります。

Kmowクエリの検索意図の探り方

①「Do」「Go」「Buy」に該当しないキーワードがはいります。

②「〇〇とは」と単語の意味そのものを調べたいものはKnowクエリにはいります。

Goクエリの検索意図の探り方

すべて→地図→画像→ショッピング→ニュースになっています。

但しGoクエリ=場所と検索意図を単純に捉えるのではなく、例えば飲食店の場合はライフスタイルの急激な変化にGoogleは対応しています。

イートインだけでなくアウトの場合もデリバリーサービスの依頼前に、写真で選びやすいように検索意図を分析して画像をカテゴリー表示しています。

Doクエリの場合

画像か動画のどちらかが優先ででくることが多いです。

何かするにしても、文字を見ながらよりも、画像か動画をみながらやり方やコツを覚えた方が手っ取り早いという検索ニーズに対応したものです。

例えば「美文字」に必要な「筆の持ち方」はDoクエリですが、文字情報で長々と調べるよりは、YouTubeの動画情報で学習すれば10分で「美文字」に必要な「筆の持ち方」がわかります。

 

Buyクエリの場合 

ショッピングか画像が優先されて表示されます。

画像は画像を見てBuyを判断したいという検索者の意図を反映させているのだと思えます。

これらの4パターンの検索意図を把握し、ニーズに答えられるコンテンツの内容を考えます。

4つのクエリに対する回答のバターンも決まっており、1義1記事の原則に外れないようにユーザーの検索意図を満たすコンテンツを過不足なく作成する必要があります。

 

コツ➁ユニバーサル検索とは

ユニバーサル検索(Universal Search)とは、検索結果画面において、Webページ以外のコンテンツも表示する機能のことです。

動画、画像、ニュース、ショッピング、地図、書籍、ファイナンス、フライトなどの情報が表示されています。

検索意図に合ったコンテンツや情報が表示される仕組みになっています。

実装後の画像や動画などの検索件数も増えているらしいです。

Googleが、検索者のクリックを促しているわけですから、逆に、「検索ニーズ」を裏付けていることが想定できます

コツ➂スマホ検索の瞬間・マクロモーメントとは

マイクロモーメントとは、「人々が知りたい」「行ってみたいと」と思い反射的に目の前にあるデバイスで調べたり、購入したりする行動の瞬間をいいます。

この瞬間を正しく「捉え」「分析」し「見極め」人々が真に求めている情報をタイムリーに届け、そしてその効果を正しく「測定」できれば、モバイルが生み出す価値を最大限に引き出すことができます。

モバイル検索が日常化した現在は普段の生活で気になった「些細なこと」から「チョットしたヒント」探しまで、PCが主流だった時とは違ったカテゴリーの検索が増えてきております。

現在、多くのモバイルユーザーが日常生活のなかで製品・サービス購入の情報収集にモバイルを使用しています。

①子育てのサポート

②行きたい店舗の情報さがし

➂美容・健康面でチョット気になること

電車の待ち時間・移動、子供のお昼寝タイム、料理や買い物前、待ち合わせより早くついたときなど隙間時間を利用して、行動を起こす前の「チョットした日常生活の悩み」の解決や「ヒント」に隙間時間の合間のスマホ検索は欠かせません。

そしてマクロモーメントの検索結果通りに行動する比率も、生活実感からも高いように思われます。

検索者が隙間時間を利用して、いかにタイムリーに日常に関わる新鮮な情報をもとめられているかということでしょう。

①のバーティカル検索も➁のユニバーサル検索も、③の日常生活者が、ちょっとした困りごとの解決の為マクロモーメントという検索行動をとっているということを重視する必要が、あります。

隙間時間の合間にスマホでの検索頻度があがり、スマホならではの行動をとる比率が上ってきているということは念頭に置くべき重要な切り口だとおもいます。

切り口は日常生活のちょっとした困り事に対する鮮度の高い解決策と、検索者が躊躇なくまねできそうな行動の具体策と考えています。

SDGsのキーワードとZ世代の流れ

結婚前後の10から〜26歳の1990年代です。

SDGs(SustainableDevelopmentGoal)持続可能な開発の国連検証で世界はこれにむかって舵をきったわけです。

①貧困や紛争

②気候変動

③自然災害や感染症

人類の危機的な課題を整理し2030年までに人類が克服すべき課題達成の道標です。

世界のZ世代は未来をたくされて、SDGsの学校教育をうけているのです。 

この国連検証のユニークなところは、17の改善目標を世界→国→自治体→会社 →個人レベルに落とし込んでいることです。

具体的には貧困・飢餓・健康・教育・ジェンダー・水・クリーンエネルギー・経済成長・技術革新・平等・街作り・責任・気候変動・海・陸・平和・ぱートナシップ

の改善目標です。

これらが世界のキーワードとなり判断基準の常識となりつつあります。

コロナの感染症、2つの大震災、日本経済成長のデフレなどの体験と学校教育と合わせて、社会問題や環境問題に敏感で価値基準もそこに置いているのが日本のZ世代といわれています。

Z世代の経済力や発言力が主流になる時代がつい、そこまできています。

10代でスマホに向き合いインターネットやSNSが空気のような存在で、報収集やショッピングも楽しみます。

抵抗なく会ったこともないひとともSNSでコミュニケーションをとることもできます。

TICKTOC.YOUTUBE.INSTAなど動画などへの投稿もコミュニケーションツールとしていとも簡単に使いこなします。

マスコミや企業は勿論、GoogleもZ世代を意識したマーケティング戦略を重視しています。

彼らの使う「検索キーワード」が主流になるでしょう。

我々もSEO対策をした良質なコンテンツを提供できるように、鮮度の高いコンテンツを提供していく必要があります。

 

 

従来の古典的な「行者の滝修行」が主流の検索方法

時間が限られているコンテンツ制作者が悩みストレスが貯る検索方法です。

主流ですのでさわりだけ書いておきます。

サジェスト、関連、共起語などから浮かび上がった「キーワード」をさらにユニバーサル検索やバーチカル検索で視覚でクエリを把握し、深掘りするのも有効なやり方かもしれません。

行者の滝修行のように、ブログ「道」を求めるのもけっこうですが、有限の時間内で、個人が真正面からゼロから貴重な時間をつかうより、Googleアルゴリズムの分析結果に素直にしたがって、むしろ利用して、記事にしたほうが効率的だと思います。

①あとはご自負のご経験や体験を通じたコンテンツでオリジナリティは出せます。

②また、企業の関連広告から検索者のベネフィットを提案できるヒントも探れます。

③ユーチーブなどで必要なサイトに簡単に飛べることから視覚、聴覚で深堀できます。

Googleサジェストから読み解く

Googleサジェストとは、検索キーワードと関連性のあるキーワードが自動で表示される機能のことです。

グーグルサジェストで検索者の検索意図を読み解くことができます。

グーグルサジェストは、多数のユーザーが検索した頻度や話題となったキーワードなど長い時間をかけて蓄積されたGoogleの検索結果をもとに選出されています。

検索ボリューム

多くの人によって検索された回数

トレンド

キーワードを内包するサイト数

ユーザーの検索場所や使用言語

ユーザーの検索履歴

Googleサジェストでできること

サジェストキーワードは検索の頻度が高い

キーワードをユーザーに候補として表示するために検索意図となるキーワードが含まれている可能性が高いです

関連検索と「他の人はこちらも検索」から読み解く
上位サイトから読み解く

Googleの検索意図を読み取ったユーザー満足度の高い上位サイトから、「検索キーワード」の検索意図のすり合わせをするのも有効な方法です。

見落としていた点の補完や、自分独自の経験や体験からの見解も加えていけば自分のサイトに新鮮さや、オリジナリティを出すことができます。

Googleは何より鮮度の高い情報を上位にあげますので、上位サイトはお手本になります。

共起語から読み解く

主軸の「検索キーワード」と一緒に使われやすいワードからも検索意図の分析に効果的です。同じ文脈の中で使用頻度が高いわけですから重要なワードになります。

主軸キーワードからどんな広告がだされているかも参考にする。

検索者の検索意図を高度なアルゴリズムで分析した、広告業の本家のGoogleが検索者オンリーにうち出しているわけですからピンポイントなわけです。

商品を使う「ベネフィット」について検索者の潜在需要を探ることができます。

しかも最新で新鮮な情報です。

yahoo知恵袋やSNSで取り扱われている情報からも検索意図を探ることが出来ます。

まとめ

結論です。検索者の検索意図を探るには、文字情報より画像情報でたどっていかれた方が時短になりますし、頭に入りやすいです。

何より分析作業がストレスから開放され、むしろ楽しくなるでしょう。

何故なら、Googleアルゴリズムで徹底的に分析された検索意図に基づいて検索者が画像や動画などで一番知りたいであろう情報を誰だ見てもわかり易いように主に視覚情報で回答しているからです。 

具体的には、「Googleバーティカル検索」と「Googleユニバーサル検索」の検索意図の探り方です。

検索意図には潜在的な意図もあります。Googleが打ち出す企業の商品の広告からベネフィットを読み取り、Googleの潜在需要の分析も知ることができます。

ユーザーが根底に抱えこんでいるニーズや検索意図にそったコンテンツずくりはもちろん、コンテンツの品質に気を配りながら、検索意図に対して回答となる内容、役にたつ内容、ユーザーが喜ぶ内容をコンテンツとして落とし込めばある程度良質な記事は書けます。

具体的には、「Googleバーティカル検索」と「Googleユニバーサル検索」の検索意図をマイクロモーメントの検索行動も念頭に視覚情報から「検索キーワード」の「検索意図」を読み込めば、時短につながり、ストレスなく検索者の顕在・潜在ニーズを分析することができるでしょう。

 

最後に自己紹介させてください。

nao15-0ともうします。

法人相手の営業を25年経験しました。経験で学んたことは情報を物に変えお金に変えれるということです。営業経験者のフィルターを通して情報の宝庫である「ブログ」を解りやすく綺麗にお伝えできるライティングスキルをさがしています。スキルの実践と練習から学んだ気づきや改善点を「ブログ」の向上を目指されているあなたとシェアしたくこのブログを運営しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO対策⑥【損してません?】クローラー&インデックスとアルゴリズムを5分で把握!


     f:id:nao15-0:20230115191234j:image

結論です。あなたが、折角素晴しいブログを書いても、Googleクローラーに「収集」され、インデクサによりデーターベースに「登録」されなければ、検索キーワーには反映されません。

なぜなら、Googleアルゴリズムを理解せずに、SEO対策をしても、Google検索エンジンにクローリングされないからです。

また、データーベースにインデックスされなければ、検索キーワードとマッチングされず、検索結果には反映されないからです。

情報の入力と出力の仕組みをご説明します。

クローラーは、ブログコンテンツのwebページの「記事タイトル」「見出」「画像」「メタディスクリプション」などのデータ情報を「収集」します。

インデクサは収集された情報を.「テキスト」「画像」「リンク」などの決められた要素ごとに「解析」・「整理」しデータベースに「登録」します。

ここまでが入力作業です。

検索キーワードを解析し、登録された情報とマッチングを行い検索結果を上位から出力します。

従いまして、検索結果を最上位で出力させるために、あなたのブログコンテンツは検索エンジンアルゴリズムに対応している必要があります。

読者さんをうならせる、あなたの素晴しいブログは、Googleアルゴリズムも満足させるコンテンツでないと、Googleのデータベースには存在しないことになりかねません。

正しく分析され、データーベースに登録されて、検索キーワードが検索結果に反映される為の施策が必要です。

クローラー&インデクサの入力側と、検索キーワードを解析し、データーベースとマッチングさせる出力側の仕組みを理解したSEO対策が求められています。

検索上位に上がる為の施策により、ブログコンテンツのSEO対策の清華として、集客の増加が期待でき、あなたのブログコンテンツが世に知られていくわけです。

Googleアルゴリズムを理解したSEO対策を行い、データーベースに最上位でインデクスされている必要があります。

目次

Googleクローラーとは

Googleインデクサとは

GoogleアルゴリズムへのSEO対策

まとめ

 


    f:id:nao15-0:20230115200941j:image

Googleクローラーとは

Googleクローラーはブログコンテンツのwebページのデーターを「発見」し「収集」します。

SEO対策上、Googleが採用しているソフトウェアである、GoogleBot(ボット)が情報を「収集」しやすくなるように、ブログコンテンツを最適化する必要があります。

その理由は、クローラーに「発見」され、ブログコンテンツの「テキスト」「記事タイトル」「メタディスクリプション」「見出し」「画像」などの情報を「収集」をしてもらわなければ、インデクサによりデーターベースに「登録」されず、検索結果に反映されないからです。

クローラビリティはGoogleBotが情報を収集しやすくするようにブログコンテンツのwebページを最適化することです。

具体的には

1.表示速度を最適化する。

画像をリサイズして、容量を圧縮します。

これを怠ると速度が遅くなり、ユーザーファーストの理念から逸脱してしまいます。

2.パンくずリストを整理する

道に迷わないように、要所ごとにパンくずを目印に置いていった童話が語源です。

ユーザーにもクローラーにも、サイトの現在位置や経路、階層を解りやすくする道順を表示します。

階層化するのが一般的です。

3モバイルファーストインデックス(MFI)

自分のサイトをモバイル化することです。MFIに対応させると、クローラーが情報を「発見」し「収集」しやすくなります。

4.画像をaltタグでテキストデーターに変換する

画像の内容を「文字」で説明しなおします。

画像は文字ではありません。

その為、画像をHTMLに変換し、タグで意味ずけし直す必要があります。

HyperTextMarkuplangage(ハイパーテキストマークアップランゲージ)の略がHTMLです。

webベージに書かれている文字とご理解ください。

この文字をタグ(<...>)で囲んで、単なる文字に意味ずけをします。

「alt属性」または「代替テキスト」といいます。

クロラビリティの改善は、クローラーのweb情報の「発見」の改善に繋り、情報「収集」が迅速に効率よくなり、SEO対策としても有効です。

5.内部リンクを積極的に繋ぐ

クローラーはリンクをたどってブログのサイト内をクローリングしています。

コンテンツ同士に関連が高いパラグラフがあれば、内部リンクを設置すれば、クローリングの頻度が高まります。

これらの5つの施策により、SEO対策上、GoogleBot(ボット)が情報を「発見」し、「収集」しやすくなるように、ブログコンテンツを最適化する必要があります。

 

Googleインデクサとは

Googleインデクサはブログコンテンツのwebページの情報を解析しデータベースに「登録」するGoogleアルゴリズムに基づくプログラムです。

クローラーが集めた「テキスト」「画像」「リンク」などの情報はインデクサにより、各種要素ごとにデーターとして整理されます。

整理されたデーターは、検索エンジンが持つ高度なアルゴリズムにより細かく分析された上で検索結果に反映されます。

本来のアルゴリズムは「解」に効率よく近ずく手順や計算方法・やり方のことですが、Google上でのアルゴリズムとは、最終的には検索のランキングを行うためのGoogleの計算方法と狭義にご理解ください。

Google上でのインデクス作業は、「検索キーワード」に関連する項目として、文章などの文字情報をデーターベースに「登録」する作業になるとおもわれます。

検索エンジンは「登録」された情報をGoogleアルゴリズムをもとにランキングしていくため、ブログコンテンツのページ自体を読みやすい状態に整えておく必要があります。

また、上位表示を目指す為には、データベースに「登録」されているブログコンテンツの数も増やすことも重要です。


   f:id:nao15-0:20230115202118j:image

Googleアルゴリズムへの対策5選

検索キーワードの解析、マッチングを行い検索結果を出力します。

検索キーワード自体の解析はRankBrain(ランクブレイン)という機械学習を繰り返した人工知能(AI)が分析します。

キーワードの背景(コンテキスト)についても解析を行います。コンテキストには、前回検索されたキーワード、位置情報、時刻などがあります。

全てが解析結果となり、検索結果に影響を及ぼすと考えられます。

インデックスデーターをもとにランキングされたデーターと検索キーワードの解析作業わ経て、まとめられたデーターとをマッチングさせ検索結果が出力されます。

このように、Google上のアルゴリズムとは

web上に溢れる無数の情報から、ユーザーが求めている回答を正しく伝えるために

Google検索エンジンが検索順位をきめるための計算式と狭義にご理解下さい。

この計算式は未公開の為、答えはありません。

これだけは外せない、Googleアルゴリズムに対応するために、5つに絞って対策をとりましょう。

SEO対策と重なります。

1.検索意図の把握

グーグルのアルゴリズムでは、まず読者さんの検索意図を把握するために検索キーワードの分析を行います。

Googleの同義語システムを使って同音異義の判別も含め、より高いレベルで、ユーザーの検索意図の把握に努めています。

特に「フレッシュネスアルゴリズム」により

最新の情報が求められる「キーワード」に対しては最新の情報が届けられるようにプログラムされています。 

例えば野球や選挙の当落結果などです。

さらに

幅広い情報をしりたいのか?いや違う。

では、特定の情報をしりたいのか?Yes

では、どんな具体的な情報を知りたいのか?

現在地付近の情報も知りたいのか?

グーグルのアルゴリズムは、読者さんの検索意図を把握するために最新情報を最優先に、あらゆる角度から満足いただけるまでの具体的、詳細な検索キーワードの分析を行います。

 

2.検索キーワードとwebベージとの関連性。

検索意図を把握したアルゴリズムは、次に

そのキーワードと関連のあるwebベージを

データーベースからさがします。

「検索キーワード」の出現回数・頻度や「タイトル」・「見出し」・「本文」などの使われている場所についても分析します。

キーワードごとに求めている内容が違うため、そのキーワードごとに関連するwebベージにする必要があります。

3.コンテンツの品質

Google側は記事のテキストだけを意味しません。

ウェーブサイト全体の品質を意味します。あらゆる要素が品質というものにふくまれます。

誰が書いているのか明確か?

コンテンツが最新の情報か?

検索キーワードの出現回数・頻度?

コンテンツのデザイン、構成、レイアウト

はしっかりしたないようか?

読みやすい動線設計になっているか?

画像とテキストの内容がマッチしているか?

表示速度にストレスがないか?

4.ユーザーエクスペリエンス

UX(UserExperience)はブログコンテンツの利用を通して、読者さんが感じた使いやすさ、感動、印象といった体験などです。

Googleの基準を満たすブログコンテンツが、良質で適切な記事と認められれば、SEO対策上有利になります。

誤字脱字が多く読みにくい、スマホの文字が小さすぎて、文章が読みづらい、など

ユーザービリテイが低ければ読者さんはサイトから離脱します。

逆に、読者さんがwebサイトを利用した良い印象、感想はユーザーエクスペリエンスが優れていることになります。

具体的には下記の通りです。

使いやすい・見やすいサイトだった

サイトのデザイン(色・形・文字)が良かった。

欲しい情報がすぐ探せた。

サイトの動線が自然でわかりやすかった。

パソコンとスマホでストレスなくコンテンツが利用できた。

サイトを利用する方向けに、あらゆる要素で気がくばられており、読者さんにも検索エンジンにも解りやすいサイトにすることが求められています。

ユーザービリティ

ユーザーにとって使いやすいものかを下記のように重要視しています。また、日々アップデートされます

どのブラウザからでも検索結果がみれる

様々な端末(パソコンやスマホなど)からでも見れる

スピーディに検索結果がみれる

5.YMYL・EEATとオリジナルのコンテンツ

 YMYLとはYuorMoney YourLifeの略語でお金と生命・健康などは専門家以外は書かない方が無難です。

EEATはExperience(経験)

Expertise(専門性)

Aurhoritativeness(権性性)

Trustworthiness(信頼性)

の略です。

 EEATを尊重しなければサイトの品質は上がりません。

特に、Experience(経験)は、ブログ作成者の実際に体験した時間の長さや経験値やスキルが要求されています。

経験や実体験に基づく、正確で誠実なコンテンツは自然とサイトのオリジナリティに繋がり、読者さんからの信頼性にも繋がります。

同じキーワードで検索しても、上位記事と似た記事になります。

いわゆるオリジナリティに欠け、やがて読者さんも離れていきます。

E・.E・A・Tのルールのなかで、逆に自分の強みや、アピールポイントはなにかが自然に伝わるオリジナリティが必要です。

ここでも、ペルソナの設定の考えかたの必要性がでてきます。

意外に思われるでしょうが、万人受けをねらった文章は誰も読んでもらえません。

なぜなら、写真に例えるならピンボケ写真だからです。

万人を写しても誰だか分かりません。

たった1人に焦点を当てた写真を見た人が自分だと気づき、自分の事だと思い関心を示してくれるからです。

たった1人のペルソナに振り向き理解し共感してもらえるコンテンツを、自分のExperience(経験)からくる真実の言葉で語ることが、結果的に信頼やオリジナティに繋がるのではないでしょうか。

まとめ

ブログコンテンツが、検索エンジンの持つ高度なアルゴリズムにより、細かく分析され検索結果に反映される為には、クローラー・インデクサの仕組みを理解・反映させたSEO対策をし、検索上位に上がることが必要であります。

Googleアルゴリズムに基づく、クローラー・インデクサにより、webベージの「発見」「収集」及びデータベースへ「登録」がおこなわれます。

検索キーワードの分析を経て、ランキングされたインデックスデーターとマッチングされ検索結果が出力されるます。

このクローラー&インデクサとGoogleアルゴリズムの仕組みを把握した上でSEO対策をする必要があります。

 

最後に自己紹介させて下さい。

nao15-0です。

法人営業を25年経験しました。営業経験者のフィルターを通して誰が読んでも解りやすく綺麗なブログに役立つスキルをさがしています。スキルの実践と練習から気づいた改善点を、ブログの向上を目指すあなたにシェアーしたくこのブログを運営しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SEO対策④貴方はもう大丈夫ですよね?選ばれる記事タイトルの書き方3例!


      f:id:nao15-0:20230113125227j:image
結論から申し上げますと、選ばれる記事タイトルの書き方には3つの手法があります。下記の通りです。

手法1.「記事タイトル」の型に主軸「キーワード」などをはめこんでいく手法です。

手法2.グーグル検索上位の記事から、主軸「キーワード」の「記事タイトル」の扱い方を学び応用する手法です

手法3.1と2の手法を踏襲しながら、主軸「キーワード」にエモーショナルな関連「キワード」をかけ合わせることにより、この記事タイトルをクリックすることで、「新しい世界が広がる期待を抱かせる」手法です。

変化やお得を感じてもらう、「ベネフィット」を伝える手法に近いかもしれません。

手法1. 

選ばれる記事タイトルの型

以下の前提条件があります。

「記事タイトル」には必ず検索「キーワード」を入れましょう。

「記事タイトル」と本文の内容は「キーワード」に沿って首尾一貫させてください。

なぜ「記事タイトル」に型を使うのかといいますと、自分でゼロから考えるより、上級者の過去の遺産を使わせてもらったほうが近道ですし、間違いがないからです。

私のような初心者は、型にのせるだけでも、随分、効率的で効果的な「記事タイトル」を決めることができます。

まさしく、「記事タイトル」の形に自然になります。

また、自己流からくる間違いもかなりなくなると思われます。

まず、型から入られてはいかがでしょうか

また、さらに「記事タイトル」の型の基本例を組み合わせるだけでも、効果的で効率的に「記事タイトル」をつくることができます。

「主軸のキーワード」の「関連キーワード」に行動心理学の心理効果を狙った単語を使えば、「記事タイトル」の主張がより、明確になると思います。

沢山ある型からの1例です。

選ばれる「記事タイトル」の型の例
「〇選」「〇〇の方法」などの「〇〇」に「数字」を使う。

数字には説得力があります。

但し根拠の無い、裏付けの無い数字を安易に使うのはやめましょう。

例えば「〜の方法10選」と記事タイトルで本文は「7選」だったら、それだけでブログ全体の信用すら失いかねません。

それぐらい数字にはインパクトと説得力があります。

たった〇〇分で簡単にできる〜

「たった5分で簡単にできるビジネス情報の集め方」

「なぜ~なのか?」「~ の理由」を使う

「記事タイトル」であなたの疑問にこたえてくれる期待をいだかせます。

「何故私はブログを続けられているのか?」

「私がブログを続けられている理由」

絶対に知るべき〜

「絶対に知るべき〇〇の学習方法」

〜に役立つ

「海外旅行に役立つガイドブック〜」

「使い方」「方法」「コツ」などの解決策を伝える

具体的な「解決方法」を記事タイトルで示してあげる

「方法」「仕方」「使い方」「作り方」

「CANVAでブログのデザインを作る方法」

「CANVAでキャッチーなデザインの作り方」

「CANVAで初心者ができる簡単な使い方」

「独学でブログ用のデザインを学ぶコツ」

今がお得

「今がお得!新車の購入のチャンスが到来しました」

事前にしっておきたい〜

「事前にしっておきたいブログの記事タイトルのつくり方」

 

「初心者向け」「ブロガー必見」などのターゲットを入れる

「ブログ初心者向けの、ノートパソコンの選び方5例」

 
「網羅」「まとめ」「徹底解説」などで網羅性をアピールする

検索者は1記事で全てを解決したがります。

1記事で全ての情報が解る記事タイトルにするとクリック回数は上がります。

分散投資の基本を徹底解説します。」

 
〇〇でも簡単に

「初心者でも簡単にわかる行動心理学の13例」

 
疑問型にする

「あなたは〇〇で悩んでいませんか?」

「あなたはブログの文章の書き方で悩んでいませんか?」

比較を使う

メリット・デメリットで対比します。

似ている商品やサービスの場合、料金や性能を比較します

「徹底比較wordpressはてなブログの違い」

「有料ブログと無料ブログのメリット・デメリットの比較」

「正・悪」 「明・暗」 「粗・密」などの反対語で説明することにより、逆に内容が具体的に明確に解りやすくなります。

 
実例、体験談、経験談

表面的なことだけでなく、失敗談や体験談だと身を乗り出してクリックしてくれやすくなります。

電気工事士が語る電気工事士の国家試験の受験勉強の体験談」

話題沸騰中の〜

「話題沸騰中のダイエット方法ご存知ですか?」

 

性別・年齢をターゲットにいれる

「女性に嫌われない!20代男子の防臭対策5選」

あなたへ〜とよびかける

「貴方は大丈夫ですよね?誰が読んでもわかり易い文章の書き方!」

この他にも記事タイトルの色々な型があります。

あなたは問題ない?

「あなたは問題ない?定年退職後の人生設計」

ご注意を!

「ご注意を!記事タイトルの大切さ理解されてますか?」

これらの記事タイトルの型は、1例です。

書きたい記事のテーマやPERSONAに刺さる「記事タイトル」の型を色々さがされてはいかがですか?

まさしく、「記事タイトル」の形に自然にできあがります。

また、先人の智慧を拝借してますので、自己流からくる間違いも、なくなると思われます。

あくまでも型ですので、他の「記事タイトル」の一覧のなかでもピカッと光っている

創意工夫が必要になります。

行動心理学の心理効果で計算された「関連キーワード」が有効ではないかなとは思っています。


  f:id:nao15-0:20230113153825j:image

手法2.

「記事タイトル」の作り方の答えは上位記事にあります。 

自分の心に刺さった理由を書留めましょう。

何故なら、Googleが「キーワード」検索で上位表示したということは、優秀なブログの御墨付をあたえているようなものだからです。

最低でも10例の「記事タイトル」程度は書き出して、何故上位表示されているのかを学びましょう。

生きた教科書から学ばない手はありません。

「記事タイトル」の型へのキーワードの嵌め方や、逆に型からの外し方もわかるでしょう。

どちらかといいますと、型の外し方が参考になるかもしれません。

心を掴む表現力も実感出来るでしょう。

何故惹かれたのか? 

なぜクリックしたくなったのか?

なぜ簡潔でわかり易いのか?

何処で、他人事から「自分事化」させるようなキャッチーな言葉を使っているのか?

何故「記事タイトル」だけで内容が掴めるのか?

など、なぜ、自分の心が刺さったのか記録されたほうが、自分でゼロから考えるよりは効率的かもしれません。

Googleの答えが既に披露されているわけですからSEO対策上からも間違いないでしょう。


      f:id:nao15-0:20230113144558j:image

手法3.

第3番目の「記事タイトル」の作り方は

「主軸キーワード」にエモーショナルな「関連キーワード」をかけ合わせる手法です。

検索者の「ワクワクドキドキ感」を引き出す、関連「キーワード」を「主軸キーワード」にかけ合わせることです。

この「記事タイトル」をクリックすると「自分の世界が変えられるかも」「自分の殻が破れるかも」「ヒーローになれるかも」と直感的に期待できる「エモーショナル」な部分を盛り込むことです。

エモーショナルとは相手の感情に訴える事です。

相手の心をコンコンとノックする事です。

その理由は、法人やベテランのブロガーと、やっと肩を並べた「記事タイトル」は上位記事のタイトルの群れのなかの1つにすぎないからです。

評論家、法人企業、人気ブロガーなどに埋没し、クリックされません。

そこまで肩を並べさせていただいただけでも、たいしたものです。

名誉なことです。

しかし、立ち止まる訳にはいきません。

上位ブログの「記事タイトル」の一覧からさらに、ピカッと光るためには、検索者の「ワクワクドキドキ感」を引き出す、「エモーショナル」な関連「キーワード」をかけ合わせる必要があると思います。

ロジカルな「関連キーワード」では無理です。

何故なら、文字数が足りません。

わずか、32文字の制約のなかでは、理屈よりも感情に訴えた「エモーショナル」な「関連キーワード」をかけ合わせた方が、勝ち目があるからです。

当然、第1の手法と第2の手法を土台にし、踏襲した上での話です。

その上で、さらに第3番目のような「エモーショナル」な「関連キーワード」をかけ合わせる手法が必要であると言う話をさせていただいているわけです。

押さえていただきたいのは、第1.第2の手法だけでは勝てないので、第3のオリジナルの手法を加えるべきと申し上げているだけで、切り口は「エモーショナル」な「関連キーワード」が一押しと申し上げているわけではありません。

第3の手法は、お得感や変化を伝える「ベネフィット」が近いかもしれません。

他にも、素晴しい切り口があるはずです。

クリックすれば、「私の世界が変わるかもしれない」という攻め方を切り口の1例としてご披露しているだけです。

なぜなら、答えは読者さんの中にあるわけで、尚且つ第3の成果も皆様にお伝えできるだけの成果もあげていないからです。

例えば世界が変わるかもとは?

主軸キーワード×時短になりますよ!

主軸キーワード×スターになれますよ!

主軸キーワード×憧れの人になれますよ!

主軸キーワード×ご家族にいい顔ができます

主軸キーワード×宝くじにあたったようなものですね!

主軸キーワード×ヒーローになれますよ

主軸キーワード×アーリーリタイアーしよう

具体的な名詞や形容詞、動詞を使うとすれば

〜に「 搾りたて」の情報:をお伝えします

〜が「無料」になります。

〜で「時間」が「かせげ」ます。

〜が「サット」できます。

〜で世界が「パット」変わります!

〜で「夢」を「叶え」ましょう

〜で「あっと」いうまにできます

修行不足で申し訳ありません。

ベネフィットを超えれてないかもしれません。

これが絞りだせる限界です。

そうです!

日頃から自分の引出しに、自分の心を鷲掴みにしたキャッチーな「キーワード」を貯めて行く必要があるんです!

すでに、この第3の手法も記事タイトルに散見されます。

当然第1.2の手法にも使えます。

でもまだ、語り尽くされてはいません。

飽きられてもいません。掘り尽くされていません。

キャッチコピーの世界では使い尽くされた手法かもしれませんが。

しかしながら、主軸「キーワード」1本にかけるより、クリックされる人の行動心理に沿って主軸の「キーワード」に複数の感情を揺さぶる「ワクワクドキドキ」させる関連「キーワード」を何通りもかけあわせ、複数の「記事タイトル」で上位記事に入る方法で攻めた方が、クリックしてもらえる可能性がひろがり、「記事タイトル」で検索者の心を鷲掴みにできる可能性も広がるとおもうのです。

何故なら答えはクリックする側の心の中にあるからです。

この記事タイトルをクリックしたら「世界が変わるかも」と感情に訴える「エモーショナル」な「記事タイトル」にクリックしてもらえるのが第3の記事タイトルの作り方になります。


   f:id:nao15-0:20230113145444j:image

 
なぜ記事タイトルの型が必要?

私は自由奔放に記事タイトルを書いてました。 

今現在、型を覚えようとしなかった、後回しにしてきたのが50記事書いて大変悪い方向にひびいています。

文章は型に沿って文章を書くことが常識と思われても間違いないと思います。

同じく「記事タイトル」にも型があります。

なぜかといいますと、ネットフリックスまで我慢して書いたブログを読んでもらうためには、32文字の「記事タイトル」の中に絶対に必要な項目を盛り込まないといけないからです。

「たかが32文字されど32文字なんです」です

この怖さを知らないと、折角書いた記事もブログの海に沈んだままです。

誰にも読んでもらえません。

待てど暮らせど、古池に、蛙さえ飛び込んできてくれません。

「し〜ん」と静まりかえったままです。

キーワードや解決策、ベネフィットなどを自由奔放に「記事タイトル」に盛り込むより、目的に応じた型に落とし込んでいった方が必要項目の抜け落ちがなく、見た目もスッキリして効率的かつ効果的にクリックされる数がふえていく手応えがあります。

32文字の「記事タイトル」=「本文」とご理解いただいても極論ではないと思います。

 

記事タイトルに、はずせない必要項目

怒られますが、答えは本文そのものです。

なぜなら、「記事タイトル」の必要項目の1つに主軸の検索「キーワード」があります。

SDS法の文章の型で例えますと。「要約」「詳細」「要約」の中で、この主軸の検索「キーワード」及び関連「キーワード」からはみ出さないように書くのがルールです。

「キーワード」以外の文章は書くなというのがSDS法の決まりごとです。

天下のSDS法の決まり事なので、どんなブログのテーマでも、「記事タイトル」の検索「キーワード」が首尾一貫して、最初から最後まで貫きとおされているわけです。

誰が読んでも分かりやすいブログであるためには、この決まりごとははずせない訳です。

「主軸のキーワード」をいれた「記事タイトル」から全てが始まり、全てが終わる決まりごとです。

せっかく SEO 対策で Google 検索上位に上がってもGoogle の検索上位には「記事タイトル」しか上がっていきません。

それをだけを見て次の冒頭文に行くかどうか品選びされるわけです

「記事タイトル」と本文は同一内容でないといけません

それでないとせっかく「記事タイトル」を見て本文を見られた方をがっかりさせてしまい、また不信感を抱かせることにもなります。

これほど本文の内容の元となる「記事タイトル」は重要な存在なのです。

記事タイトル=本文と考えるべきです。

まとめ

クリックされやすいタイトルの目指し方には3つの手法があります。下記の通りです。
手法1.「記事タイトル」の型に主軸「キーワード」などを嵌め込んでいく手法です。

手法2.グーグル検索上位の記事から、主軸「キーワード」の「記事タイトル」の扱い方を学び応用する手法です

手法3.1と2の手法を踏襲しながら、主軸「キーワード」にエモーショナルな関連「キーワード」をかけ合わせることにより、この記事タイトルをクリックすることで、「新しい世界が広がる期待を抱かせる」手法です。

変化やお得を感じてもらう、「ベネフィット」を伝える手法に近いかもしれません。

キーワードや解決策、ベネフィットなどを自由奔放に「記事タイトル」に盛り込むより、目的に応じた型に落とし込んでいった方が必要項目の抜け落ちがなく、見た目もスッキリして効率的かつ効果的にクリックされる数がふえていく手応えがあります。

32文字の「記事タイトル」=「本文」とご理解いただいても極論ではないと思います。

この3つの手法で選ばれる「記事タイトル」を作りましょう。

 

最後に自己紹介させてください。

nao15-0です。

法人の営業を25年経験しました。

営業経験者のフィルターを通して誰が読んでもわかり易い綺麗な「ブログ」のライティングスキルをさがしています。

スキルの実践や練習で気づいた改善点をブログの向上を目指す方とシェアーしたくこのブログを運営しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

SEO対策③検索「キーワード」の考え方と初心者向けの選定の仕方。

SEO対策上の「キーワード」とは

SEO対策上の「キーワード」は読者さんの抱えている問題の解明や、識りたい内容を理解する上で、重要な手掛かりとなる単語を言います。

なぜなら、SEO対策上では、読者さんの検索に対する解答の手がかりとなる「キーワード」が含まれた記事タイトルや見出しになるからです。

Google検索での「キーワード」は記事タイトル上の「キーワード」や「見出し語」として読者さんの悩みの解決策や深堀りしたい知識などの重要な手がかりとなります。

記事タイトル、記事を書く方向、伝えたい・伝えるべき内容、見出し語、などはこ索「キーワード」1語から紡ぎだされるものです。

答えは全て、「キーワード」検索してきた読者さんの中にあります。

SEO対策を意識したブログは、あくまでもこの検索「キーワード」から始まり、この「キーワード」の枠内で「キーワード」を深堀し水平展開する記事を書き、結論をまとめていくわけです。

余計なことを書いてはだめです。

別のキーワードが派生した場合は、別記事で内部リンクでつなぎます。

あとは、SEO検索上位に上がるためのテクニック論にすぎません。

本質は検索「キーワード」を投げかけてきた読者さんの悩みに、簡潔に的確に答え、読者さんに満足していただける記事を書くことです。

記事は論理で説得するPREP法か、感情に訴え説得するPASONA法が優れており、検索「キーワード」をこの決まった型に落とし込んでいけば、誰が読んでも分かりやすいブログになります。


htppの意味と紙の違い

Hypertext Transfer Protocol
ハイパーテキストトランスファープロトコル

訳文をそのまま借りて繋ぎますと

「通常をはるかに超えた次元で〇〇を
 移動させる為の 、コンピューター同士の通信をする際の手順や規格のこと」

「S」が有るのは暗号化した〇〇のやりとりですので、現在はhtppsとなっています。

私達はこの規格により、瞬時に知(識)りたい情報を、サーバー経由でやり取りできるわけです。

その情報の中核がSEO対策上の「キーワード」になります。

ですから、ある程度は情報を送る側も送られる側にも、「キーワード」の背景は持っているわけです。

なぜなら、背景の情報から手掛かりとなる単語がでてくるからです。

なぜ、クリックして、ウエーブ上を渡り歩くのでしょうか?

今までの、経験、知識、常識、感情などの背景から漠然ではありますが、「キーワード」という単語を紡ぎだして、さらに自分の悩みや知りたいことの解決策のすり合わせの為にGoogle検索をしているともいえないでしょうか?

あえて、飛躍すれば、知(識)りたい答えは既にユーザーのなかに漠然とした形であるのではないでしょうか?

そこに向かって、私たちは解決策というコンテンツを「キーワード」を唯一の頼りに読者読者さんの目の前に広げて差し上げるわけです。

読者さんもキーワードが盛り込まれたれた記事タイトルから、暗い藪のなかの読者さんがの持っているまだ形にはなっていない解答とすり合わせていくわけです。

NO「違う、次」、YES[もっと知りたい」から次をクリックしていくのでわないでしょうか?

優れたコンテンツの「キーワード」と読者さんの「キーワード」が化学反応を起こしたとき

はじめて読者さんにご満足いただけるコンテンツになるわけです。

1980年代はこんなやりとりはできませんよね、

なぜなら「「キーワー」ドは書き手からの一方通行だったので、クリックという擦り合わせができなかったからです。

新聞や本を見て情報を集めていました。

しかし、httpのような、情報のやり取りができない為、求めていた「キーワード」にぶつかっても、つぎのページには行けないわけです。クリックできないわけです。

ですから、また、新しい本を買ってさらに調べたい「キーワード」を読み進むわけです。無駄な時間もお金もかかったわけです。

htppの時代は「キーワード」をクリックすることにより、ユーザーが納得するまで、いくらでも次の情報を探し続けることができるわけです。

何故でしょう?答えは読者さんのの中にあるからです
読者さんが主役だからです。

httpによって、1980年代には諦めていたことが可能になったわけです。

 

ユーザーの中にある答えを探る方法

ビッグ「キーワード」での一発回答は私のような初心者には不可能です。

①ペルソナの設定と行動心理学をコンパスにつかう

具体的には、自分自身をPERSONAにするのが手っ取り早いです。

私は過去、現在、未来の自分自身をPERSONAにして私自身に語りかけています。

行動心理学の心理効果を数例だけ持つだけで、随分助かります。

コンパスのように、書く方向が具体的に明確に定まり、「キーワード」選定の糸口がみつけやすくなるからです

「何で悩んでんの?」「何が知りたいの?」他人様の悩みなんて分かりませんよね!

手っ取り早いのは。行動心理学の心理効果に自分の身を置いて、心理効果の型ごとにに、「キーワード」を選択した方が具体的な「キーワード」を絞り込めると思います。

例えば、ブログ始めたての4ヶ月前の自分をPERSONAにします。

このPERSONAは「人に人気のあるものは間違いない。自分も追随したい」タイプの性格と想定します。(バンドワゴン効果

文章の書き方がわからず悩んでいるPERSONAへの解決策として、PERSONAに「PREP法の書き方を覚えれば、皆さんのように文章が劇的に、簡単に解りやすく書けるようになります」(人と同じなら信頼できるバンドワゴン効果)という、4か月前のPERSONAの悩みの解決策の「キーワード」にPREP法が選択の候補としてうかびあがります。

なぜならPREP法はブログの文章の型では常識になっているからです。

またPERSONAは特別の人間で,人と同じものや扱いは好まない,希少・限定に心惹かれるPERSONAを設定します。(クレショブ効果)PERSONAには。「 弊社主催の懇親会には、他の方はだめでも、あなただけには、お越しいただきたいのです」(特別、希少、限定に弱いクレショブ効果)

「あなただけ」の懇親会が「キーワード」になります

PERSONAが、どういう「キーワード」に反応するのかそんな事は、初心者にはわかりません。

ですから、これだけは伝えたい、解決できる、お役に立てる「複数のキーワード」をもとにPERSONAのそれぞれの悩みに合わせて、心理効果を予測しながら、悩みの解決策をいく記事もかいて提案していくわけです

1人のPERSONAの1つの悩みにビッグキーワード1記事で即、解決というわけには、私のような初心者には無理です。

私のような、初心者の現実的な対応は

複数のペルソナの複数の悩みに対し、複数の「ロングテールキーワード」で複数の記事で解決し、複数の記事を内部リンクで繋ぎ記事群としてGoogle検索上位を目指すしか方法しかありません。

例えば全く「同じキーワード」のチョコレートを土産であなたが売る場合でも、バンドワン効果に反応するPERSONAには「このチョコレートは大人気で皆さん必ずと言ってもいいぐらいお土産に買ってかえられます」といい、クレショブ効果に反応するPERSONAには、このチョコレートは当店限定品で、日本で当店しか販売しておりません、お土産にされたら、お客様の株があがりますよ」と二通りの記事が必要になるわけです。

1本の矢でたった1人のPERSONAのハートを射抜くのは無理なわけです。

同じ「主軸のキーワード」のチョコレートにペルソナの心理分析を踏まえて、「サブのキーワード」で補強するわけです。

複数のキーワードと複数の記事が必要になります。

 

ロングテールキーワードで複数の記事を書く

検索ボリューム(検索数)が1000以下のキーワードです。

この「キーワード」を3語以上組み合わせたものを「ロングテールキーワード」といいます。

3語以上の「キーワード」の組み合わせの為、PERSONAの検索意図により焦点を合わせた記事が書け、検索数が低いため競合が少なくGoogle検索上位に上がりやすいです。

欠点は検索需要が少ないためそれを補うため複数の記事でアクセスをかき集める必要があります。

「ミドルキーワード」、「ビッグキーワード」は法人企業や有力ブロガーが抑えており、初心者は対抗できません。

ロングテールキーワード」で高品質の記事を量産するのが現実的なSEO対策を踏まえた「キーワード」の選択になるとおもいます。

ただ、いずれの「キーワード」を選んで書くにせよ、読者さんに対する真摯な態度で有益な記事を地道に書いていきましょう。

「ミドルキーワード」は検索ボリューム1000~10000までの「キーワード」を2語組み合わせたものです。

「ビッグキーワード」は検索ボリューム月10000以上の検索数で1語です。

 

SEO対策を意識した「キーワード」選定の仕方

1.新しい記事を書く場合

自分が書きたいこと、また書けること、書くべきことをまず最優先に決めます

次にPERSONAをあらかじめ決めて置き、そのペルソナと対話をはじめます

例えば、PERUSONAが自分自身だとしましょう。

今回は、感情に訴えるエモーショナルライテイングのPASONA法やAIDAMA法の執筆中に「行動心理学」という単語がたびたびでてきました。

PERUSONAは、「行動心理学」とはなにか、ということに興味を抱くことになります。

「ラッコキーワード」で「行動心理学」を検索しますと様々な単語や組み合わせがヒットします。

「ラッコキーワード」のなかから、ペルソナは「行動心理学」の「心理効果」について知りたいとの学習意欲が出てきたため、この「2語」をテーマに新記事を書くことにしました。

検索ボリュウームは調べていません。Google検索で「行動心理学」「心理効果」の「2語」で検索すると上位記事がヒットしたので、10記事くらい読んでから記事を書いていきました。

この「2語」で上位記事がたくさんでてきたので、SEO対策を意識できるからです。

記事の途中で別の「キーワード」がたくさん出てきましたが、別記事で書くことにし「行動心理学」の「心理効果」についてのみ記事をかきあげました。

 

2.書いた記事をリライトや推敲しなおして訂正する場合

「行動心理学」と「心理効果」について投稿後3つの作業をします

記事の深堀と水平展開です。執筆中にいろんな単語がでてくるからです。

同じような作業で新記事を書きます。

当然キーワードは「3語以上」になります

例えば「心理効果」について「カクテルパーテイ効果」という単語がでてきます。

「行動心理学」「心理効果」「カクテルパーテイ効果」という3語のテーマで新しい記事を書いていきます。

この時も検索数は調べていません。

書きたいテーマ、書くべき記事と判断したためです。

この手法で新たに13記事程追加しました。

3.記事どおしを内部リンクしていきます

「2語」で書いた記事で気になった「キーワード」、例えば「カクテルパーテイ効果」の「キーワード」の箇所と追加で深堀した記事を内部リンクで繋ぎます。

新しい「キーワード」もさらに出てきます。

深掘りしていきたい気もありますが、あくまでも「行動心理学」と「心理効果」という「キーワード」が最初の記事のテーマですので自重します。

なぜかといいますと、大げさにいいますと、このテーマで研究されている大学教授クラスが沢山いらっしゃいます。

本も沢山でています。かないっこないわけです。

未来永劫、権威性のない私がこの方たちを差し置いて上位に上がれっこありません。

この記事を自分の財産にとどめ、派生させていく方向を探していく必要があります。

あくまでもSEO対策を意識し、「2語」はここで止め、引き際を心得るべきかなとおもいます。

正直、不完全燃焼の感は残ります。

3.2語で書いた記事「行動心理学」「心理効果」そのものを推敲しなおして、内容の加筆、書き直しをします。

記事タイトルそのものの「キーワード」はいじりません。

基本不動です。大変不満は残りますが我慢します。

新記事を書くぐらいのエネルギーがいるからです。記事タイトルを変えたために結局は全く新しい記事に書き直した経験があるからです。

なおかつ、他の記事と内部リンクしていますので、その訂正の労力も新記事を書くのと変わりません。

たかが32文字ですが、記事タイトルのキーワードをいじると大変なことになります。

全体の整合性やバランス、内部リンクでのタイトルの見直しなど影響が大きいです

13の記事の「3語」の追加記事を書いていく段階で、いろんな情報が入ってきます。

当然追加したい、追加すべき「キーワード」が出てきます。

例えば「マーケティング」です。これは、見出しを追加したり冒頭文を訂正して当面は凌ぎます。

正直ここでも不完全燃焼感は残ります。

記事タイトルの見出しの「キーワード」は本文と同じ労力を使ったほうが後々生きてくるし、私のようにおろそかにすると後々くるしみます。

10時間かけるとしたら、四時間は見出しの「キーワード」にかけてもいいくらいです。

6時間は本文くらい、32文字の検索「キワード」を含んだ記事タイトルは本当に、本当に重要です。

後々に響いてきます。

ブログの記事作成に慣れてきたら逆転させてもいいくらいです。

最後に自己紹介させてください

NAO15-0です。

法人相手の営業を25年経験しました。営業経験者のフイルターを通して誰が読んでも分かりやすい「ブログ」綺麗な「ブログ」に役立つライテイングスキルをさがしています。

私の「ブログ」の特徴は学んだスキルを実践や練習に使って「気ずいた事」を記録していることにあります。「ブログ」の質向上を目指されている方に役立てていただければと思ってこの「ブログ」を運営しています。

まとめ

SEO対策上の「キーワード」は読者さんの抱えている問題の解明や、識りたい内容をSEO対策を意識理解する上で、重要な手掛かりとなる単語を言います。
なぜなら、SEO対策上では読者さんの検索の手がかりとなる見出し語になるからです。
Google検索での「キーワード」は「見出し語」として読者さんの悩みの解決策や深堀したい知識などの重要な手がかりとなります。
SEO対策を意識したブログはあくまでも、この検索「キーワード」から始まり、この「キーワード」の枠内で「キーワード」を深堀し水平展開する記事を書き結論をまとめていくわけです。
SEO対策を意識したブログの答えは」すべてこの検索キーワードの中にあります。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO対策②記事タイトルの書き方。はずせない4つのコツ

まず、SEO対策でGoogle検索上位に入る大前提があります。

検索上位の強者揃いのタイトルの一覧表から、あなたの悩みを解決できる記事はこれですと、読者さんの目をひく必要があります。

タイトルを見ただけで読者さんに、これで、自分の悩みを解決できると納得し、クリックしてもらう必要があります。

なぜなら、タイトルの良し悪しでブログへのアクセス数が大きく変わってしてしまうからです。

良い記事タイトルとは、「ビビーン」と心惹かれ、悩みが解決できる内容が、僅か32文字のなかで伝わってくる熱量をもったものなのです。

良い記事タイトルにはこれだけは抑えたい4つの要素が必要です。

 

1.PERSONAの設定

読者さんに「自分事化」してもらう必要があります。

なぜなら、人は自分の事以外には無関心だからです。

万人受けを狙った記事タイトルは、写真に例えれば、いわば世界中の人を写したピンボケ写真です。

誰の顔か分かりません。

誰にも自分の写真と分からないのです。

たった1人のPERSONAに焦点を合せた写真こそが他人ではなく、自分を写した写真と気がつき「自分事化」し、PERSONA向けの記事タイトルをクリックしてくれるのです。

 

2.検索キーワードをタイトルに入れる

ロングテールキーワードで超特化記事のタイトルを考えた場合、例えば、

「ロジカルライティング」

「PREP法」

「SDS法」

の3つのキーワードを盛り込みたい。例えば

「ロジカルライティングは文章の型です。

PREP法とSDS法で劇的に文章が分かりやくなります」

これで.すでに44文字になります。

絞り込むと

「ロジカルライティングは文章の型です。

PREP法とSDS法で劇的に文章が変わります。」

これでも41文字です。

「劇的に文章が変わります」は読者さんへのインパクトの為に必要で、残しておきたい。

「ロジカルライティングの型のPREP法とSDS法で文章は劇的に変わります。」

これで36文字です。 

「文書を劇的に変える為には、PREP法とSDS法のロジカルライティングを使いましょう。」

これでも、40文字です。

なぜ3語のロングテールキーワードにこだわるかといいますと、これでGoogle検索4位(20230110現在)です。

2語のミドルキーワードでは、どのキーワードの組み合わせでも圏外です。

個人ブローガーは、3語のロングテールキーワードでGoogle上位の記事群を内部リンクでブログの基礎をしっかりと固める必要があるからです。

ビッグキーワードやミドルキーワードでは不利な個人ブロガーが、ロングテールキーワードを効率良く記事タイトルに盛り込み悩みの解決策やベネフィットまで伝えないとクリックしていただけません。

 

3.記事タイトルのキーワードと記事の内容は必ず一致させる。

SEO対策は、人間と、Googleクローラーの両方を満足させなければなりません。

記事タイトルのキーワードを見て記事内容を予測または期待するわけです。

記事内容に一致したタイトルでないと、期待を裏切ることになり、読者さんの貴重な時間の損失につながります。

記事内容からはみ出さないよう余計なことは書かないよう慎みましょう。

ブログのタイトルから派生するようでしたら、必要なら内部リンクで別記事にしましょう。

また、記事の内容も、タイトルのキーワードにそって、読者さんの悩みの解決策を示し、解決後のベネフィットも伝えられる高品質なコンテンツであるのは当然のことです。

 

4.全角32文字以内

タイトルは横文字です。

左端から重要なキーワードやインパクトを持たせたいキーワート゚を入れて行った方が無難です。

訴えたいことを犠牲にしてまでキーワードを全て盛り込むのは不自然だと思います。

また、悩みの解決策でこのようなベネフィットがありますという、インパクトは盛り込みたいですね。

32文字は非常にキツイです。やはりクリックは読者さんが決められるのですから、キーワードを優先に、心に響く文言を左端から並べていきましょう、という程度に考えたほうが窮屈にならない記事タイトルになるような気がします。

 

まとめ

記事タイトルを見ただけで読者さんが、自分の悩みを解決できると期待し、クリックしてもらう必要があります。

なぜなら、タイトルの良し悪しでブログへのアクセス数が大きく影響してしまうからです。

良い記事タイトルとは、一瞬で心惹かれ、悩みが解決できる内容が、僅か32文字のなかで伝わってくる熱量をもったものです。

PERSONAを設定し、自分事化してもらえるタイトルが必要です。

万人受け狙いでは誰も振り向いてくれません。

記事タイトルには「キーワードを」入れ「キーワード」に一致した記事の内容にし、読者さんの悩みの解決とベネフィットを矛盾のないように伝えましょう。

 

最後に自己紹介させてください

nao15-0といいます。

法人相手の営業を25年経験しました。

営業経験者のフィルターを通して、誰にも解りやすく綺麗な「ブログ」のライティングスキルをさがしています。私同様、「ブログ」の向上を目指されている方に、スキルの実践や練習の際に「気づいた事」をシェアしたくこのブログを運営しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。