Nao Fifteen love

美しく魅力的な文章の書き方をブログで実践中です

未完成のタペストリー

 

  

 そっと手を触れてみて下さい。

未完成の織物の暖かさを感じてみて下さい。

 今回のブログのテーマは「未完成のタペストリー」です。

 

 タペストリーは、織り上げる過程やデザインによって、見る人の想像力を刺激し、美しさを醸し出します。

 

 人生も同じです。

何故ならタテ糸とヨコ糸が交わるところに、私たちの物語が生まれるからです。

タテ糸は、生まれてから死ぬまでの時間を表します。

ヨコ糸は、子どもから老人になるまでの成長と変化を表します。

 

 私たちは、下絵のないタテ糸に、日々の出来事や感情をヨコ糸として織り込んでいきます。

そして、人生のタペストリーは、常に未完成のまま終わります。

なぜなら、私たちが織りなす作品には、最初から完成された下絵がないからです。

それぞれの人生は、色や模様が違います。

また、こころざしなかばでタペストリーを織ることを断念さされます。

 

 完璧な完成形を求めるのではなく、その過程自体に美しさや価値があると思われませんか? 

締めくくりのない不満足と引き換えに、自由奔放な可能性を感じることができます。

人生の不確実性や多様性を受け入れ、それを肯定することが、心を豊かにしてくれます。

 

 完璧を望まない 。足るを知る

人生は未完成のタペストリーです。

完全無欠で魅力的なタペストリーを残したくても、途中で織ることを断念せざるをえないと、割り切ることが大切です。

何千、何万色と彩られた糸で織られた未完成のタペストリーは、後世に残ります。

その未完成さ、多様性、個性が、後世の人の人生と重なり合い、無限の可能性と輝きを放ちます。

 

 そっと未完成の温かいタペストリーに触れてみませんか?

ちょっとは気が楽になりませんか?

ご自分の平凡と思っていた日々が、実は虹のように輝かしいタペストリーを織っている途上だと…

 

 

[引用]

本文:perplexity

BingChatgtp

画像:Bing imagecreator

 

以上、最後まで有り難うございました。