Nao Fifteen love

どなたに読まれても分かりやすく綺麗なブログのライテイングスキルをさがしています。

エモーショナルライティングで読者さんの感情を動かし収益をあげましょう。

こんにちはnao15-0です。

この記事はなかなか集客数がのびない。

セールスライティングの書き方がわからない。

エモーショナルライティングが書けない。

などの読書さんの悩みにお答えいたします。

行動心理学の心理効果に沿って狙いを定めたエモーショナルな言葉や文章を「PASONA法」などの優れた型に落とし込んでいけば、読者さんの心を動かすコピーが書け収益に結びつきあなたの悩みが解決できます。

エモーショナルライティングの型(PASONA法、AIDMA法)を覚え、読者さんの感情を動かし、親近感をいだかせながら購買意欲を刺激し、収益を上げれる文章を書きましょう。

なぜならPASONA法などの型にそえば、読者さんの悩みを解決し、心理効果にあった言葉や文章を組み合わせ、親近感をいだかせながら購買意欲をかきたて、収益に結びつけていけるからです。

エモーショナルライティングは Web 記事を利用して、商品やサービスを販売できます。

また、問い合わせや申し込みを促したい時にも使える最適なライティングテクニックです。

エモーショナルライティングで十分な効果を発揮させるためには、万人ではなく、たった1人の読者さんに親近感をいだかせ、心に響く文章を書き、購買意欲を盛り上げて収益に結びつけましょう。

そのまえに、SEO対策を実施しgoogle検索上位に入り、ブログの存在を知ってもらう必要があります。

なぜなら、折角一生懸命に読者さんの悩みの解決策を書いたいかに優れたブログでも、SEO対策を事前にしていなければブログの海に沈み、樹海をさまよっている状態だからです。

必ず検索上位に位置を占め、ブログの存在をアピールし、読者さんに「見出し」を見てクリックしてもらえるように、目立つ位置を確保しておく必要があります。

google検索などで悩みの解決策を知りたい読者さんに、エモーシヨナルライティングの「PASONA法」などの優れた型にそって文章を書いていけば、読者さんの心を動かし、のぞみ通りの購買行動に移ってもらうことができます。

 

エモーショナルライティングの型は2つあります。

AIDMA法」と「PASONA法」です。

本文の前に自己紹介させてください。nao15-0です。法人営業を25年間経験しました。今は「初心者の初心者による初心者のためのブログ」 を旗印に営業経験者のフィルターを通して、ブログに使えそうなスキルを皆様とシェアーしたいと思いこのブログを運営しています。

 

目次
1.商品やサービスで収益をあげる文章について

エモーショナル(「エモイとは」)の意味

行動心理学の応用

エモーショナルライティングの特徴

エモーショナルライティングは物やサーピスの販売が目的の時に使う文章。

SEOライティングはアフリエイトブログの登竜門。

2.エモーショナルライテイングの方法

感情を上手く表現できることが大事

読者さんに自分の事と振り向かせる方法

3.エモーショナルライティングの型
AIDMAの法則
PASONA の法則
 
1.商品やサービスで収益を上げる文章とは
エモーショナル(「エモイとは」の意味

エモーショナルというのは、訳すれば感情的、感動的、感情に訴えかけるという意味ですが、一番よく使われているのは「感情に訴えかける」 という意味です。

エモーショナルの意味
「emotional(エモーショナル)」とは.感情的な、感動的な、情緒的を意味する形容詞です。

エモーショナルを使う場面
例えば「音楽」「絵画」「写真」「デザイン」「景色」「自然」「ファッション」「文学」「 料理」など私達の五感に訴えかけてくる場面は色々あります。

その場面の出会いでの心の動きを、「感情を掻き立てる」、「感情に訴える」、「感動的」「情緒的」という意味あいで使われることが多いです。

どちらかと言いますと、静的より、動的な場面で、瞬間的に心が動かされた感情や感動を表すときに使ったほうがよりシックリくるような気がします。

例えば、雨上がりの大地にかかる虹の鮮やかさに「感動」しました。

また、真っ暗なトンネルを抜けたとたん.真っ青な海の景色が飛びこんで来たのには「感動」しました。

など瞬間的な動的な場面に、「エモーショナル」を連想させる言葉を、使ったほうが場面に合うようにおもいます。

「感動」や「感情」や「他の表現方法」を使う努力や時間をかけるべきで、短絡的に「エモーショナル」で逃げるのは控えたほうがいいでしょう。

また、特に 「SNS 」などで、「エモい」という言葉が使われますが、俗語的な表現です。

公式の場面で使うほど一般化された言葉ではありません。

私たちの感情には喜怒哀楽があります。

「エモーショナル」を感情的、情緒的という意味で使う場合にはそれら全てを内包しているからです。

「エモーショナル」 という言葉の発信側と受信側には相当な感性の差があるはずです。

折角SEO戦略で上位を勝ち取り、やっと訪れてくれた読者さんに対して「エモい」とか「エモーショナル」とかいう短絡的で、はば広い言葉で逃げるのでは、読者さんの「こころ」を掴むことはできないとおもいます。

読者さんの心を鷲掴みにするピンポイントのキャッチコピー(見出し)をなんとか全力で絞りだすべきです。

「冒頭一文」で全てが決まる厳しい世界だからです。

エモーショナルという言葉は相手によっては通じにくいこともあります。

なぜなら、年齢、立場、経験、趣味趣向、性格、環境などが違えば同じ場面でも、「エモーショナル」という言葉のお互いの捉え方は違って当然だからです。

エモーショナルライティングでは、似たような意味を持つ言葉を使って、場面や相手に応じて使い分ける必要があります。

「 エモーショナル」を感情的、情緒的という意味で使う場合にはそれら全てを内包しています。

少しでも双方の距離を縮めるために、場面にふさわしい言葉を選ぶべきです

エモーションの意味と強力なパワーを使う場面についてより詳しくお知りになりたい方は下記URLまでクリックをお願いします。 
「エモーションはひとの心を動かす千馬力エンジン」

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889938265030

 

行動心理学を学びブログに応用しましょう

行動心理学を応用すれば、人の心をゆさぶるコピーが書け、期待通りのマーケティングの成果をあげることができます。

なぜなら、行動心理学は人の行動やしぐさを外から観察して、内にある人の心理状態や心理的効果を分析し、そのパターンに合わせてエモーショナルな言葉を組み合わせ、人を動かせるようなキャッチコピーが書けるようになるからです。

いわばブログの方向を決めるコンパスの役目をしてくれます。

ライティングには行動心理学をつかいましょう。

なぜなら、行動心理学をうまくつかえば、人をのぞみ通りに動かすことができるからです。

行動心理学では人の心理効果として主に3つの。心理効果があります。

1バンドワゴン効果

多くの支持に、より多くの支持が集まります。大勢の人が支持しているのだから、きっと良いもののはずだと思う心理効果がはたらくからです。

2スノッブ効果

簡単に入手できる製品よりも希少性や限定品に魅力を感じる心理効果をいいます。

理由は特別な物を持ちたいという心理や他者との差別化( 自分だけは特別)を求める心理効果が起こるからです。

3ブェブレン効果

製品の価格が高くなればなるほど見せびらかす自己顕示欲がはたらき高所得者層を中心に売れます。

行動心理学は、エモーショナルライティングに広く活用されています。

これらの心理効果を単独で使ったり組み合わせて使うこともあります。

例えば「世界的に大ヒット(バンドワゴン効果)したあの名曲の復刻版を、各地域先着1名様限定(スノッブ効果)でオリジナル音源でご提供させていただいたきます」のコピーに加えてお申込みは今から1時間で終了させていただきます

(時間の制約)など、心理効果を複合させます。

エモーショナルライテイングは行動心理学や購買心理を利用し「PASONA法」などの優れた型にそって文章を書き、読者さんの共感をよび、収益を上げるのが目的です。

行動心理学の心理効果についてより広くお知りになりたぃい方は下記URLをクリックしてください。

「【先読みに勝機あり!】マーケティングに使える心を読める行動心理学13選」

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889934532171

 
エモーショナルライティングの特徴

エモーショナルライティングの最終目的は単に文章を書くだけではありません。

行動心理学や購買心理を利用し「PASONA法」などの優れた型にそって文章を書き、読者さんの共感をよび、のぞみ通りの商品やサーピスを売るのが最終目的です。

なぜかと言いますと、読者さんの感情に訴えかけ、親近感をいだかせ、購買行動に結びつく文章を書かないと、読者さんは自分の事と思って文章を読んだり、商品やサービスを買ってはくれないからです。

読者さんの「好奇心」をくすぐり、「ワクワクドキドキ」させる言葉でイメージを膨らませ、こちらが描くストーリーの体験を想像させる文章の書きかたが大切です。

書き手の体験や経験談なども交え「PASONA法」などの優れた型にそってストーリー展開できれば、より読者さんの心をゆさぶるエモーショナルな文章を書くことができます。

エモーショナルライティングは万人にむけて文章を書いても、かえって誰にも読んでもらえません。

なぜなら、読者さんは、自分には関係のない事や、自分に向けられていないブログは読んではくれないからです。

言葉や文章の力で、商品やサービスの購入にむけての動線をつくるためには、感情の表現を上手く使い、たった一人の読者さんの心をうごかすことが大切です。

 

SEO ライティングはアフリエイトブログの登竜門です。

SEO対策せずに投稿したブログは、折角一生懸命に読者さんの悩みの解決策を書いても、ブログの海に沈み、樹海をさまよっている状態です。

そこで必要になるのが Google や Yahoo などの検索エンジの検索結果で上位表示させる施策が必要になります。

SEO に特化したブログの文章の書き方が必要になるからです。

SEO 』ライティングで、Google検索上位に、はいらなければ読者さんの目に止まらずブログで収益を上げることはできません。

SEO ライティングを前提(基軸)に、ロジカルライティング(PREP法.SDS法)とエモーショナルライティング(PASONA法.AIDMA法)の型を、上手く取りいれることでブログの効果が発揮できるのです。

2.エモーショナルライティングの方法
感情をうまく表現できることが大切です。

読者さんの「好奇心」を刺激し「ワクワクドキドキ」させる言葉や文章で、読者さんの心理効果を推し量りながら、「PASONA法」などの型にそってストーリー展開していきます。

「PASONA法」などのエモーショナルライティングの場合は、問題解決策と勧められる商品やサービスが、どんなに素晴らしいことをもたらしてくれるのかの体験談やストーリーを伝える必要があります。

なぜなら読者さんの悩みを指摘し、親近感を持たせながら、問題解決策を感情表現を交えながらストーリー展開することで、読者さんのイメージを膨らませ、購買行動を起こしてもらう必要があるからです。

「PASONA法」などのエモーショナルライティングの型を取り入れることで、そこには確かな問題解決と収益の獲得に向けられたストーリーを生み出す必要があります。

解決にむけてのストーリーを展開し、イメージを体感させる感情表現の言葉を慎重に選ぶことがとても大事です。

コピーは至る所にあります。日頃から「好奇心」を刺激し「ワクワクドキドキ」させられる、使えそうな言葉や文章を自分の引き出しに溜めておく努力が必要です。

普通の人は、なんの努力もせずに、全くのゼロからコピーがうかんではきません。

エモーシャルな文章とは具体的には

「好奇心」をくすぐり、「ワクワクドキドキ」するコピーのことです。

感情表現には、ポジティブな感情を刺激しましょう。

明るい未来、理想の姿をイメージさせて購買意欲を盛り上げましょう。

なぜなら読者さんの悩みを改善することでポジティブな感情を刺激し、共感を呼び起こすことができるからです。

行動心理学の心理的効果を推し量り、その商品、サービスを使えば明るい未来につながる言葉や文章を、「PASONA法」 などの型にそってストーリー展開しましょう。

反対に悩み事や困り事などのネガティブな感情を刺激する切り口もあります。

なぜなら読者さんの悩みを深掘りし、「このまま放っておいては大変なことになりますよ」とネガティブな言葉で共感を呼ぶ切り口もあるからです。

読者さんのネガティブな感情を刺激するコピーは、例えば

「頑張っても、中々売れなくて悩んでいませんか?」。

「なかなか成績が伸びす、限界を感じていませんか?」などです。

このような読者さんのネガティブな感情をまず刺激します。

すかさず「上手く行かない原因は分かってます。解決策があります。悩む必要なんてありませんよ」と解決策に結びつけるストーリーを親近感をいだかせながら購買行動まで展開する方法です。

読者さんの悩み事や困り事などのネガティブな感情を刺激する切り口も場合によっては選択しましょう。

二つに共通している切り口は「読者さんの悩み、迷い、絶望感など」を深掘りするということです。

読者さんの悩みや迷いに真摯に向き合い、ピンポイントの感情表現を使う事で、悩みの解決策を理解してもらい購買行動へとつながるようなストーリー展開をしていきましょう。

 

読者さんをふりむかさせる方法

人はコピーに対して「読まない」し「信じない」し「動かない」です。

なぜなら、人は自分に関係のない出来事には無関心だからです。

読者さんを動かす為には、文章に「問いかけ」を入れ、この記事は自分の事を書いてあると認識させる事です。

なぜなら、人は問いかけに対し答えをさがします。問いかけと回答のキャッチボールで自分の事だと認識するようになります。

さらに、おすすめの商品やサービスを買う事で、悩みが解決した読者さんの幸せな未来をポジティブな言葉で想像させましょう。

商品やサービスを利用した「 お客様の声」や、「口コミサイト」の評判を記載する方法もあります。

第3者の客観的な評価を載せ、商品の具体的なメリットをつたえます

 
3.エモーショナルライテイングには2つの優れた型があります。

AIDMAの法則

PASONAの法則

それぞれ説明していきます。

AIDMAの法則

AIDMAの法則」で消費者の購買心理を予測し前もって販売戦略を立てることができます。
なぜなら我々の購買行動は「5段階のプロセス」を経てモノやサービスを購入しているからであります。

AIDMAの法則」 の購買者心理は商品やサービスの「認知」「興味」「記憶」「欲求」「購入行動」の5つのプロセスであります。

AIDMA の法則」で消費者の購買心理を予測し、各プロセスごとに対応する販売戦略を立てることができます。

①Attention:注目

商品やサービスに認知・注意する

②Interest: 興味を持つ

商品やサービスに興味・関心をしめす

③Desire: 欲求

商品やサービスを欲しいと思う

④Memory:記憶

忘れられないようにアプローチを繰り返す。

⑤ Action:購買・行動

購入までの動線をわかりやすくする

AIDMAの法則」をより詳しくお知りになりたい方は下記URLをクリックしてください。

AIDMAの法則はコピーライテイングのコンパスの役目をしてくれます。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889919630448

 

PASONAの法則

エモーシャナルライティングの文章の型としてPASONAの法則があります。

この型にそって文章を書けば、どなたでも親近感でひとを動かせるコピーライティングができます。

なぜなら、「問題」「煽り」 「解決策」「提案」「絞り込み」「行動」の6つの型に言葉や文章を落としこめば立派なコピーライテイングが書けるからです。

PASONA法は、親近感でひとの感情を動かし購買行動してもらうためには、実戦につかいやすい優れたエモーシャルライティングの型であります。

コピーライティングは、あらかじめ読者さんの心を動かす既存の言葉や文章を集めておいて行動心理を予測しながら、言葉や文章をPASONA法の型に合わせて組み合わせていくものです。

なぜなら、優れたコピーを普段から溜めておく努力と、PASONA法(型)さえあれば特別な才能がなくてもコピーライテイングはできるからです。

例えば、日頃からSNSや新聞、広告などで「好奇心」 を刺激し「ワクワクドキドキ」させる言葉や文章を自分の引き出しに溜ておきましょう。

「PASONAの法則」 の型にそって読者さんのこころに響く言葉と文章を組み合わせて行けばコピーライテイングはできます。

言葉や文章は「PASONAの法則」の型に振り分け、落とし込みます。流れは以下の通りです。

①Problem :(問題)悩み、不平、不安、不満を示して問題提起をする。

今の問題解決したくありませんか「問題」

②Agitation: (煽り共感)そのままでは大変だと煽ってから悩みに共感する。

今のやり方だと結果が出るまでが遅いかもしれません「煽り」

③Solution :(解決策)として商品とその機能などを紹介する。

こんな解決策があります「解決策」

④Ñarroingdown:( 絞りこみ)ターゲットや期間を限定する。「絞り込み」 

今だと先着○名様にご提供しています

⑤Action:(行動)行動を促す。

売り切れるまでにお申し込みください「行動」を促す。

このように、エモーシャナルライティングの文章の型として「PASONAの法則」があります。

この型にそって文章を書けば、どなたでも親近感でひとを動かせる素晴しいコピーライティングができます。

なぜなら、「問題」「煽り」 「解決策」「提案」「絞り込み」「行動」の6つの型に文章を落としこめば立派なコピーライテイングが書けるからです。

「PASONAの法則」をより詳しくお知りになりたい方は下記URLをクリックしてください。

https://blog.hatena.ne.jp/nao15-0/nao15-0.hatenablog.com/edit?entry=4207112889934888983

 

 

 

まとめ

エモーシャルライティングで、たった1人の読者さんの感情を動かして行動に移してもらえるような文章を書きましょう。

なぜならたった1人の読者さんに共感してもらい行動したい気持ちを盛り上げてもらう必要があるからです。

エモーショナルライティングは Web 記事から、商品やサービスを販売したいときや、問い合わせや申し込みを促したい時に使える最適なライティングテクニックです。

エモーショナルライティングで十分な効果を発揮させるためには1人の読者さんの気持ちを理解することが大切です。

エモーシャルライティングで、たった1人の読者さんの心に響く文章を書さましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。